上司は見極め必須!? 若者を知るキーワード「ムリヤリア充」

職場でバリバリ頑張っていた若手社員に、突然「来月で辞めます」と言われた――。そんな話を耳にしたことはないでしょうか? 若者の働き方研究の第一人者・平賀充記さんによると、今の若者は「すぐ辞める」のではなく「突然辞める」。そこにはオトナと若者の価値観の違い、世代間ギャップがあるといいます。そこで、平賀さんの著書から「若者の価値感がわかる20のキーワード」や「オトナと若者の意識のギャップ例」を5回にわたってご紹介します。

※この記事は「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」(平賀充記/アスコム)からの抜粋です。

pixta_49224763_S.jpg前の記事:過剰忖度!?若者を理解するキーワード「マイルディング」って/なぜ最近の若者は突然やめるのか(2)はこちら

 

朝6時にスタバにチェックイン!
本当に意識が高い人と意識高いふうの人

若者たちの間で「意識高い」というと、ちょっと相手を揶揄(やゆ)するニュアンスがあります。例えば、やたらと人とは違う自分を語ったり、自己啓発系の本の影響を受けていたり、そんな匂いを感じ取ると「意識高いね(笑)」と言いたくなってしまうのです。

でも、本来は高い意識を持つことは、とてもよいことです。それがなぜ、軽い悪口のようになってしまったのでしょうか。大きな理由のひとつは、SNSという自己表現の場ができてしまったことだと思います。ある男性(36歳)が、SNSのうっとうしい投稿としてこんな話をしていました。

「朝6時にスタバにチェックインとか、最高にウザい」

チェックインというのは位置情報を使ったSNSの機能で、要するに自分がどこにいるかをフォロワーに自動通知するものです。ですからわざわざ本人が投稿しているわけではないのですが、受け取るほうは「こんなに早くからシャレたカフェで仕事しちゃってますアピール」のように思ってしまいます。いわゆる「スタバでドヤ」です。

nazesaikinnno_P99_01.jpg

 

朝からスタバにチェックインする人物が本当に高い意識で努力しているのか、キャラとしてそんな自分を見せたいのかはわかりません。ただしSNSというツールは自己顕示欲を増幅させます。無理やりにリア充を装う意識高いふうが増えている可能性はおおいにあるでしょう。

だとすると、本当に意識が高い人なのか意識高いふうの人なのかを見極める眼力が、職場のマネジメントにおいて、重要度を増しているのかもしれません。

 

【関連キーワード】
#スタバでドヤ #てか、ふつー朝6時にスタバ行く? #よっ、意識高い系!


H1_なぜ最近の若者は突然辞めるのか.jpg 最近の若者の価値観を5つの特性と20のキーワードでわかりやすく解説。若者との付き合いが楽になるコミュニケーション術も紹介されています

 

 

平賀充記(ひらが・あつのり)

1963 年長崎県生まれ。ツナグ働き方研究所所長。株式会社ツナググループ・ホールディングスエグゼクティブ・フェロー。正規、非正規や性別、国籍などの枠組みにとらわれない働き方の実現に向けて、リアルな職場の現状を調査、レポートし続けている。30 年以上にわたり「職場の若者」を見続けてきた経験で、若者の採用とマネジメントに関するコンサルティング、セミナーが好評を博す。「東洋経済オンライン」「読売新聞オンライン」などウェブメディアへの寄稿も多数。

616jd28IjFL.jpg

『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』

(平賀充記/アスコム)

「頑張ってるな、と思ったら突然辞める」「デキるヤツほどあっさり辞める」「仕事で若手に気を使わなきゃいけなくて疲れる」――。そんな悩みに「若者の働き方」を30年以上にわたって研究してきた第一人者が応える、渾身の一冊。最近の若者の価値観を5つの特性と20のキーワードでわかりやすく解説。さらにそんな若者たちとの付き合いが楽になるコミュニケーション術が具体的に書かれています。仕事で若い部下との関係に悩んでいる人、もっと良い関係を築いていきたい人、必読の一冊です。

この記事は書籍『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』からの抜粋です
PAGE TOP