クエン酸&サンドペーパーでピッカピカ♪ 「トイレ」の3ステップ掃除術/自然派洗剤の掃除術(3)

夏が近づく6月は、油汚れが落としやすく、水も冷たくないので、掃除をするのにおすすめの季節! そこで自然派洗剤を使って、肌にも環境にも優しい掃除をしませんか? そこで今回は、生活研究家の阿部絢子さんに教えてもらった「トイレの掃除術」をご紹介します。

【便器】水あか・尿石を落とす3ステップ

便器内にこびりついている尿石は、「クエン酸」で溶かします。

落ちない場合は耐水性サンドペーパーを使いましょう。

★STEP1
「クエン酸」を便器にスプレーして5分ほど置く

2006_p045_01.jpg

★STEP2
ブラシで汚れをこすり落とす

2006_p045_02.jpg

阿部さんが掃除に使うのはクロン社(スウェーデン)のディッシュブラシ。水切れが良く、隙間に入りやすい角度が◎。インターネットで660円くらい。

★STEP3
頑固汚れは耐水性サンドペーパーでこする

2006_p045_03.jpg使うのは耐水性サンドペーパー(2000番・ホームセンターで購入可能)。水を少し付けて、便器を傷つけないよう小刻みに動かします。

【便座回り】ほこり・雑菌を落とす3ステップ

便座やふた、床に尿が飛び散って細菌が繁殖しやすい場所。
使い捨てできるトイレットペーパーで掃除をします。

★STEP1
トイレットペーパーに「消毒用エタノール」をスプレー

2006_p045_04.jpg

★STEP2
便座、ふた、部品の隙間を拭く

2006_p045_05.jpg

隙間はトイレットペーパーを巻いた指を入れて汚れをかき出す。

★STEP3
床や便器との接続部を拭く

2006_p045_06.jpg

※「消毒用エタノール」が手に入らない場合は、「クエン酸」で除菌します。殺菌作用はありません。

【タンクの蛇口】水あかを落としましょう

「クエン酸」をスプレーし、歯ブラシでこする

毎日が発見6月号_紙版-(1)-45-9.jpg毎日が発見6月号_紙版-(1)-45-10.jpg

蛇口周辺に付いた白い水あかは「クエン酸」で汚れを溶かしてから、歯ブラシでこすり取ります。

【まとめ読み】特集「自然派洗剤でピカピカ掃除」記事リスト

取材・文/米原晶子 撮影/吉田篤史

 

阿部絢子(あべ・あやこ)さん

生活研究家。薬剤師として洗剤メーカーに勤務後、消費生活アドバイザーとして活躍。『ひとり暮らしのシンプル家事』(海竜社)など著書多数。

110-H1-hitorisaizu.jpg

『ひとりサイズで、気ままに暮らす』

(阿部絢子/大和書房)

老後の一人暮らしは寂しそう…と思ってませんか?それは、あなたの考え方、過ごし方次第で全く違う景色に変わります。40年間の一人暮らしを通して今、充実した生活を続けている著者が思う5つのコツ。年を重ねても老けこまず、自分らしくあるための指南書です。

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。
PAGE TOP