掃除には道具も大切です。4種類の「自然派洗剤スプレー」の作り方

夏が近づく6月は、油汚れが落としやすく、水も冷たくないので、掃除をするのにおすすめの季節! そこで自然派洗剤を使って、肌にも環境にも優しい掃除をしませんか? そこで今回は、生活研究家の阿部絢子さんに教えてもらった自然派洗剤スプレーの作り方をご紹介します。

2006_p040_05.jpg

4種類の洗剤スプレーを作りましょう

洗剤がパッケージに入ったままだと使い勝手が悪いので、すぐ使えるように、洗剤スプレーを作りましょう。

スプレーならまんべんなく汚れに吹き付けられるので、無駄がなく楽ちんです。

洗剤スプレーの作り方

水200mlに指定量(下記参照)の洗剤を入れ、粉末が溶けるまでよくかき混ぜ、スプレーボトル(100円ショップので可)に入れ替えます。

溶けにくい場合は40度くらいのお湯を使います。

2006_p040_06.jpg

2006_p040_07.jpg

①「重曹+せっけん」スプレー
水200mlに重曹小さじ1
液体せっけん小さじ1

②「重曹」スプレー
水200mlに重曹小さじ2 

③「クエン酸」スプレー
水200mlにクエン酸小さじ2

④「消毒用エタノール」スプレー
そのままスプレーボトルに入れる

2006_p040_08.jpg

スプレーを使うと効率よく掃除ができますよ

汚れを落とすには道具を使った外的な力が必要です

2006_p041_05.jpg

洗剤は汚れに浸透しますが、それだけでは汚れは落ちません。

拭いたり、こすったりと道具を使った外的な力が必要です。

身近にある掃除道具を駆使しましょう。

掃除に便利な七つ道具

2006_p041_04.jpg

上の写真7つの道具をぜひ用意してください。右から時計回りに、キッチンペーパー、割り箸、歯ブラシ&タワシ、スチールウールたわし、耐水性サンドペーパー(2000番)、古布、マイクロファイバー布(雑巾でも可)

取材・文/米原晶子 撮影/吉田篤史

 

阿部絢子(あべ・あやこ)さん

生活研究家。薬剤師として洗剤メーカーに勤務後、消費生活アドバイザーとして活躍。『ひとり暮らしのシンプル家事』(海竜社)など著書多数。

この記事は『毎日が発見』2020年6月号に掲載の情報です。
PAGE TOP