モノを減らすためには「判断」が大切! いまの自分に必要か「見極める」方法とは

「そろそろ本気で部屋を片づけたい!」と思いつつ、いつも中途半端で終わっちゃう...。そんな人は、「本気でモノを減らす」チャレンジをしてみませんか? 一般財団法人 断捨離(R)代表のやましたひでこさんは「生きている空間を快適に保つために、モノを減らすことが大切」と言います。そこで、やましたさんにお聞きした「本気でモノを減らすための3つのステップ」をご紹介! 今回は2つ目のステップ「見極める」効果についてです。

2005p061_01.jpg

最初のステップ「見る」で、引き出しの中身を出してみて、「自分の家にはこれくらいモノがあるのか...」と現状を整理したら、さあ、次のステップです!

前回の記事:モノを減らすための第1歩。引き出しの中身を「全部出してみる」効果とは

本気でモノを減らすためのSTEP 2「見極める」

いまの自分に必要なモノかどうかを判断する

・ モノではなく、自分の考えを大事に。
・ いまの自分にとって必要かどうか、自分に問いかけてみる。

現状が分かったら次は検討。モノを要・不要に分ける

次のステップは見極めです。

見極めるというのはいまの自分に必要かどうかを認識することで、つまり自分軸を持つことです。

捨てるのはもったいないと思っていたら、それはモノ中心のモノ軸の考え方。

モノがまだ使える、高かったから、などの理由も同様です。

「家族に何か言われるから捨てられない」のなら他人の目を気にした他人軸です。

見極める基準は要・適・快

自分軸を持つには、常に要・適・快を心に問いかけます。

「要」はいまの自分に必要か?「適」はいまの自分にふさわしいか?

「快」はいまの自分にとって心地よいか?

そしていまの自分にとって不要・不適・不快なモノを手放します。

「不要」はまだ使えるが使うことはなく、なくても困らないモノ。

「不適」はかつて大切だったが、いまの自分には合わないモノ。

「不快」は長年使っているが、どこかで違和感や不快感をおぼえているモノ。

「見極めるにはこれらのふるいにかけることです。いまの生活に何が不足で何が過剰かを考えてみましょう。繰り返すうちに要・適・快のセンサーは磨かれてきます」

●ポイント「本当にもったいないか、自分に問う」

2005p061_02.jpg

代々お蔵に眠っていたすてきな食器も、いまは自分に必要ないと判断したら、不要なモノとして分ける。必要と思っている人が使ってくれる方がモノとして生きるはず。

【まとめ読み】やましたひでこさんの記事一覧

取材・文/細川潤子 撮影/原田 崇 イラスト/みやしたゆみ

 

やましたひでこさん
一般財団法人 断捨離(R)代表。断捨離を片づけに落とし込み、だれもが実践可能な自己探訪のメソッドを構築。数多くの著書は日本のみならず台湾・中国でもベストセラーに。

断捨離®やましたひでこさん公式サイト

 

shoei.jpg

やましたひでこさんの書籍もオススメ♪

『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

やましたひでこ/大和書房

よりよい人生のために、定年後の不安を抱えているすべての人に贈る「大人のための断捨離」本。定年後は「これまでの常識」を断捨離して、残りの人生を前向きに生きる術が書かれています。一度しかない人生だからこそ、主婦も定年宣言をして、自分らしさを取り戻すきっかけに。

この記事は『毎日が発見』2020年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP