えぇっ? スポンジから洗剤こぼれてるよ...夫の家事が「我が家のお財布」に与える打撃

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ブラウン
性別:女
年齢:53
プロフィール:夫の家事参加は「不経済」という思わぬ副産物を生みました。

7.jpg

「働く主婦って過労死レベルに大変なんだって」

「はははは~(笑い飛ばす夫)」

「ムムム!(かなりムカつく)」

以前、こんな出来事があり「夫は家事を軽んじているな」と感じた私は、夫をぎゃふんと言わせたことがあります。

それ以来、夫は積極的に家事をするようになりました。

これで万々歳......と言いたいところだったのですが、今度は「不経済」という別の問題が生まれたのです。

私の夫が家事に参加するようになってから、洗剤の減るのが早いこと早いこと。

キッチン洗剤も、お風呂の洗剤も以前のおよそ5倍の速さでなくなります。

これは捨て置けませんので対処しなければ。

それにしてもどうしてそこまで早く洗剤がなくなるのか、不思議で仕方がないのでまずはその原因をリサーチ。

ということで夫をこっそりモニタリングしてみましたが、すぐに原因が判明。

キッチンでの食器洗いも、お風呂掃除も、何とも豪快? 

いやいや大雑把な方法でやっていたのです。

まずは食器洗い。

お湯をジャージャーと出しっぱなしにしながら、豪快にスポンジを濡らし、そこにプシュプシュプシュプシュと大量の洗剤をつけるのです。

回数にして軽く4~5回くらい。

スポンジから洗剤が流れ落ちているのもお構いなし。

これを繰り返すわけですから、そりゃ洗剤は5倍の速さでなくなります。

お風呂掃除もそんな感じでした。

我が家のお風呂は2人がやっと入れる程度の広さです。

使っている洗剤は吹きつけて、ちょっと待って流すだけでOKという便利なモノを使っています。

我が家のお風呂の広さからすると、15回かせいぜい20回程度シューっとふきつければ十分お風呂は綺麗になるのです。

それなのに、夫はシューシューシューシュー......と50回以上は吹き付けていたのです。

これが夫の家事の仕方。

豪快というか、大雑把というか......何とも困った感じです。

しかし普段の夫はこんな大雑把のやり方をする人ではありません。

夫は悪く言えば細かい、良く言えば事を綿密に運ぶ人。

その夫がこんなに大雑把なやり方を選ぶということは、「本当はやりたくないとき」か「他にやりたいことがあって焦っているとき」です。

これは、経験に裏打ちされた妻のカンが導き出した答え。

まず間違いありません。

これにはちょっとムカつきますが、気持ちはわからなくはありません。

私にだってそういう時はありますから。

でもだからと言って、毎回そういうやり方をするのはどうかと思いますし、「洗剤が5倍速」でなくなるような不経済なやり方を続けることは、我が家的にはNGです。

これは、もう一度再教育しなくては。

「不経済な現状」を切り札に、もう一度「家事のやり方」について夫と話し合ってみたいと思います。

関連の体験記:「大学出て一流企業で働く長男には言えんなぁ」田舎町の雑貨店、跡継ぎ話でカチンと来た次男坊の私
関連の体験記:月に最低20万円欲しい。50歳での就職はこんなに難しいものかと実感

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP