ホタルは「発光」、クラゲは「蛍光」。似て非なる、光る生き物たち/身近な科学

さまざまな生物のすぐれた能力。私たちの暮らす地球の驚くべき事実。メディアをにぎわせる「最新科学」のニュース。驚くべき速さで進歩するITの話題。世の中には、学校では教わらなかった現代科学の話題があふれています。

職場で、学校で、家庭で。明日の雑談のネタにピッタリな、知っておくと自慢できる「科学の雑学」をお届け!

※この記事は『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』(涌井貞美/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_43780383_S.jpg前の記事「並んだ卵に見るママ恐竜の愛。2トンの巨体でも抱卵できるのはなぜ?/身近な科学(9)」はこちら。

 

ミクロの世界で起こる化学変化の相違。
ホタルとクラゲ、その発光法の違い

光を出す生き物としてホタルとクラゲがよく知られていますが、両者が発する光は似て非なるものです。それは、ミクロの世界で起こる化学変化の違いによります。

ホタルは、お尻にある発光器を使って光ります。発光器にはルシフェリンと呼ばれる発光物質と、発光を助ける酵素となるルシフェラーゼが入っています。ルシフェリンがルシフェラーゼの触媒(しょくばい)作用によって、体の中のエネルギー源ATP(アデノシン三リン酸)、さらに酸素と反応して発光するのです。

p035.jpg

 

それに比べて、クラゲの発光はもっと複雑です。オワンクラゲを例に見てみましょう。

オワンクラゲには、蛍光タンパク質のGFPと発光タンパク質のイクオリンが混在しています。興奮すると、最初にイクオリンと細胞内のカルシウムが反応、その光がGFPに当たって蛍光を発光するのです。このしくみを解明した生物学者の下村脩(しもむらおさむ)氏は2008年、ノーベル化学賞を受賞しました。

ちなみに、蛍光とは、光を吸収した物質が再放出する、その物質固有の光のことです。

 

次の記事「ウンチの移植で病気が治る!? 健康維持に尽くす細菌に注目/身近な科学(11)」はこちら。

 

涌井貞美(わくい さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。著書は、『図解 身近な科学 信じられない本当の話』『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(以上KADOKAWA)、『Excelでわかるディープラーニング超入門』『ディープラーニングがわかる数学入門』(以上、技術評論社)、『「物理・化学」の法則・原理・公式がまとめてわかる事典』(ベレ出版)、『図解・ベイズ統計「超」入門』(SBクリエイティブ)など多数。

610957773744e1380612f9b4fc0a9d258e0d707f.jpg

『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』

(涌井貞美/KADOKAWA)

動植物、天体から物理、統計学まで。知っておくべき科学の基本や、現代科学を読み解くのに必要な知識について、身近な例を挙げながらやさしく解説! わかりやすい図解(イラスト・写真)つきなので、学生から年配層まで、科学全般の知識が浅い読者でもとっつきやすく、「科学の教養」が身につけられる100項目を提供する内容です。

 

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事は書籍『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』からの抜粋です。
PAGE TOP