並んだ卵に見るママ恐竜の愛。2トンの巨体でも抱卵できるのはなぜ?/身近な科学

さまざまな生物のすぐれた能力。私たちの暮らす地球の驚くべき事実。メディアをにぎわせる「最新科学」のニュース。驚くべき速さで進歩するITの話題。世の中には、学校では教わらなかった現代科学の話題があふれています。

職場で、学校で、家庭で。明日の雑談のネタにピッタリな、知っておくと自慢できる「科学の雑学」をお届け!

※この記事は『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』(涌井貞美/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_6887719_S.jpg前の記事「毎秒250回! ハチが高速で羽ばたけるのは筋肉の伸縮のおかげ/身近な科学(8)」はこちら。

 

卵の殻にあった抱卵(ほうらん)の証拠!
巨大恐竜が卵をつぶさずに温める方法

「体重2トンの恐竜オビラプトロサウルスは抱卵をしていたと考えられる」――。2018年、名古屋大学の研究チームが驚きの研究結果を発表しました。その巨体で、どうやって卵をつぶさずに温めたのでしょうか。

答えは卵の並べ方にあります。恐竜は卵をドーナツ状に並べ、卵のない中心部にうずくまって温めたというのです。整然と並んだ卵の化石を見ると、恐竜の親の愛を感じます。

p032.jpg

 

卵の温め方は、地面に埋めて太陽光や地熱(ちねつ)で温める方法、植物の発酵熱を利用して温める方法など、抱卵以外にも幾通りかあったと思われます。その中で、オビラプトロサウルスが抱卵していたと考えられるのは、化石の卵の殻の構造にあります。

p033.jpg抱卵する卵の殻には気孔(きこう)があります。気孔とは微小な穴で、それが殻に無数に開いているのです。この穴を通して卵は外界と空気のやり取りをします。名古屋大学の研究チームが調べた卵の化石にもこの気孔があり、それが抱卵の有力な証拠とされたのです。

抱卵のイメージから、恐竜には羽毛が生えていたと想像されます。そうでなければ、ドーナツ状に並んだ卵を抱き温めるのは困難でしょう。鳥は「恐竜の生き残り」といわれますが、そのことが強く印象づけられます。

 

次の記事「ホタルは「発光」、クラゲは「蛍光」。似て非なる、光る生き物たち/身近な科学(10)」はこちら。

 

 

涌井貞美(わくい さだみ)

1952年、東京都生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通に就職。その後、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。現在は書籍や雑誌の執筆を中心に活動している。著書は、『図解 身近な科学 信じられない本当の話』『雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科』(以上KADOKAWA)、『Excelでわかるディープラーニング超入門』『ディープラーニングがわかる数学入門』(以上、技術評論社)、『「物理・化学」の法則・原理・公式がまとめてわかる事典』(ベレ出版)、『図解・ベイズ統計「超」入門』(SBクリエイティブ)など多数。

610957773744e1380612f9b4fc0a9d258e0d707f.jpg

『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』

(涌井貞美/KADOKAWA)

動植物、天体から物理、統計学まで。知っておくべき科学の基本や、現代科学を読み解くのに必要な知識について、身近な例を挙げながらやさしく解説! わかりやすい図解(イラスト・写真)つきなので、学生から年配層まで、科学全般の知識が浅い読者でもとっつきやすく、「科学の教養」が身につけられる100項目を提供する内容です。

 

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事は書籍『[図解]身近な科学 信じられない本当の話』からの抜粋です。

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP