イタチごっこで生まれた耐性菌。「MRSA」は院内感染に注意!/やさしい家庭の医学

pixta_5915264_S.jpg病気やけがをしたとき、それに関する用語(病名・症状など)の意味をそもそも知らなかった、なんてことはありませんか? また、時代の流れとともに「ADHD」「ノロウィルス」など新しい用語もどんどん現れています。

書籍『やさしい家庭の医学 早わかり事典』で、病気や健康分野の正しい知識を身につけ、いざというときに役立てましょう。

◇◇◇

前の記事「体を守る細胞が減っていく...「エイズ」治療は早期検査がカギ/やさしい家庭の医学(68)」はこちら。

 

抗生物質に耐性を持つ黄色ブドウ球菌

「MRSA」

●ペニシリンやメチシリンが効かない

MRSA」は「Methicillin-resistant Staphylococcus aureus」の頭文字をとったもので、日本語では「メチシリン耐性黄色(おうしょく)ブドウ球菌」と訳されます。

かつて、黄色ブドウ球菌による肺炎の治療にはペニシリンという抗生物質が使われていましたが、頻繁(ひんぱん)に使用され続けた結果、ペニシリンが効かない菌が現れてきます。これを「耐性菌」と呼びます。

この耐性菌に対して、さらにメチシリンという新たな抗生物質が開発されたのですが、これにも抵抗性を持つ菌が出現してきました。これが、「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」と呼ばれる菌になりました。

つまり、黄色ブドウ球菌とイタチごっこをしているうちに新たな耐性菌が生まれてしまったというわけです。

ただ、MRSAは健康な人が触れたとしても無害なものです。それが問題となるのは、手術を受けたあとの患者さんや重度の火やけど傷を負った患者さんなど、抵抗力の弱まった人に感染した場合で、このときには肺炎や髄膜(ずいまく)炎、敗血症などを引き起こすことがあります。

とくに、手術後の傷口から感染することが多いようで、重症化すると死に至ることもあります。

現在、MRSAに効く薬としてはバンコマイシンが挙げられていますが、それとて万能とはいえず、バンコマイシンに耐性のある菌の出現も確認されています。

また、日本の病院においては、MRSAによる院内感染が問題となった時期がありましたが、現在では手洗いの励行(れいこう)やさまざまな対策によって、その拡大に注意が払われています。

そのためにも、患者さんをお見舞いに訪れる人は、病院内に入るときは入口に備えられたアルコールで手を消毒するようにしましょう。

次の記事「長引くと厄介。肺の"ガス交換室"が炎症を起こす「間質性肺炎」/やさしい家庭の医学(70)」はこちら。


中原 英臣(なかはら・ひでおみ)

1945年、東京生まれ。医学博士。ニューヨーク科学アカデミー会員。東京慈恵会医科大学卒業。77 年から2 年間、アメリカ(セントルイス)のワシントン大学にてバイオ研究に取り組む。その後、山梨医科大学助教授、山野美容芸術短期大学教授を経て、現在、新渡戸文化短期大学学長、早稲田大学講師。おもな著書に『ウイルス感染から身を守る方法』(河出書房新社)、『こんな健康法はおやめなさい』(PHP 研究所)、『テレビじゃ言えない健康話のウソ』(文藝春秋)などがある。


 

8b553c1be82c53e734208f8f239eaaea643f2447.jpg

『やさしい家庭の医学 早わかり事典』

(中原英臣[監修]/KADOKAWA)

「糖尿病についてじつはよく知らない!」「高血圧と低血圧、そもそもの基準は?」「薬でよく聞くジェネリックってどんなもの?」そんな日頃よく体験する、健康や医療に関するギモンをこの1冊で解消! 病気、薬、医療用語ほか、知っておきたい健康知識125を集めました。索引付ですぐ引ける!

この記事は書籍 『やさしい家庭の医学 早わかり事典』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP