長引くと厄介。肺のガス交換室が炎症を起こす「間質性肺炎」/やさしい家庭の医学

pixta_17506612_S.jpg病気やけがをしたとき、それに関する用語(病名・症状など)の意味をそもそも知らなかった、なんてことはありませんか? また、時代の流れとともに「ADHD」「ノロウィルス」など新しい用語もどんどん現れています。

書籍『やさしい家庭の医学 早わかり事典』で、病気や健康分野の正しい知識を身につけ、いざというときに役立てましょう。

◇◇◇

前の記事「イタチごっこで生まれた耐性菌。「MRSA」は院内感染に注意!/やさしい家庭の医学(69)」はこちら。

 

肺胞の外側部分などが炎症を起こす肺炎

「間質性肺炎」

●「間質」とはどこの部分?

息を吸ったり吐(は)いたりすることを「呼吸」といいます。呼吸をすると、鼻や口から空気が入り、のど(咽頭-いんとう・喉頭-こうとう)を通って気管へ達し、そこから左右に分かれた気管支に入って、最後に肺に達します。

気管支の先端を肺胞(はいほう)といいますが、これは小さな袋状のもので、この部分で酸素と二酸化炭素の交換が行なわれています。これを「ガス交換」といいます。このガス交換によって、私たちは酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出すことができているわけです。

この肺胞の外側部分や細気管支《気管支の末端と肺胞を繋(つな)ぐ部分》の周囲などにある組織をまとめて「間質(かんしつ)」と呼んでいますが、この間質に炎症が起こることによって、息切れや乾いたせきが出ることがあります。これを「間質性肺炎」と呼んでいます。

なお、一般的に肺炎といわれているのは肺胞が細菌やウイルスによって炎症を起こしたものです。

間質性肺炎に罹(かか)る原因は、放射性肺炎放射線照射によって起こる肺炎》や薬剤性肺炎抗がん剤や抗生物質など、薬物が原因で起こる肺炎》、ウイルス性肺炎、膠原病(こうげんびょう)などに伴い炎症が起こると、それが刺激となって発症するとされていますが、原因が特定できない間質性肺炎も少なくないようです。患者さんの多くは50~60歳代が多いとされています。

症状としては先述のもののほか、呼吸困難や微熱、倦怠(けんたい)感などが挙げられます。急性の場合は、呼吸困難や心不全を引き起こすこともありますので注意が必要です。

慢性の間質性肺炎の場合、現段階では副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン剤による治療にある程度の効果が認められるとされますが、治療は長期にわたりそうです。

 

次の記事「突然襲いかかる"魔女の一撃"! 「ぎっくり腰」になったらどうする?/やさしい家庭の医学(71)」はこちら。

関連記事「肺炎の原因にも。「誤えん」が起きやすい人のチェックリストと正しい応急処置」はこちら。


中原 英臣(なかはら・ひでおみ)

1945年、東京生まれ。医学博士。ニューヨーク科学アカデミー会員。東京慈恵会医科大学卒業。77 年から2 年間、アメリカ(セントルイス)のワシントン大学にてバイオ研究に取り組む。その後、山梨医科大学助教授、山野美容芸術短期大学教授を経て、現在、新渡戸文化短期大学学長、早稲田大学講師。おもな著書に『ウイルス感染から身を守る方法』(河出書房新社)、『こんな健康法はおやめなさい』(PHP 研究所)、『テレビじゃ言えない健康話のウソ』(文藝春秋)などがある。


 

8b553c1be82c53e734208f8f239eaaea643f2447.jpg

『やさしい家庭の医学 早わかり事典』

(中原英臣[監修]/KADOKAWA)

「糖尿病についてじつはよく知らない!」「高血圧と低血圧、そもそもの基準は?」「薬でよく聞くジェネリックってどんなもの?」そんな日頃よく体験する、健康や医療に関するギモンをこの1冊で解消! 病気、薬、医療用語ほか、知っておきたい健康知識125を集めました。索引付ですぐ引ける!

この記事は書籍 『やさしい家庭の医学 早わかり事典』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP