ワクチンの仕組みは? 予習すべきことは?/新型コロナワクチン接種前のいま知りたい7つのこと(前編)

現在、医療従事者等への接種が行われている新型コロナワクチン。これから高齢者、そして基礎疾患をお持ちの方というように、順次接種が進められていく見込みです。安心してワクチンを接種するためには、情報を正しく理解する必要があります。米国立研究機関博士研究員の峰宗太郎先生に聞いたワクチンの基本から情報の選び方まで、前中後編でお届けします

pixta_74165109_S.jpg

【疑問】今回のワクチンは「体の中で作られる」って、どういう意味?

「日本で打たれるファイザー社のワクチンは、m(メッセンジャー)RNAといってこれまでとは異なる新しいテクノロジーのワクチンです。生ワクチンや不活化ワクチン、組換えワクチンといった従来のワクチンは、ウイルスを殺したり弱らせたりしたものや、ウイルスの一部を注射で体内に入れて、体の中の免疫細胞にウイルスとの戦い方を教えるというものでした。一方、今回のmRNAワクチンは、体の中で細胞が読み取る設計図のようなもの。その設計図には、新型コロナウイルスの表面の突起部分にあるSたんぱく質というたんぱく質を作る情報が書き込まれています。接種すると、体の中の細胞が設計図を読み取り、体内で新型コロナウイルスの突起部分と同じたんぱく質が作られ、免疫が刺激されるという構造です。mRNAは、たんぱく質を作るのに利用された直後に分解され、体の中に残るのは、ワクチン接種から長くても数日から1週間程度。染色体に組み込まれて人体に影響を与えるといったこともなく、安全性も確かです」

《知っておこう ファイザー社のmRNAワクチンの仕組み》

新型コロナウイルスの遺伝情報を基に、突起部分のmRNAを作り、ワクチンにする。2104_P026_01.jpg

ワクチンを接種すると、体内で突起部分のたんぱく質ができて抗体が作られる。2104_P026_02_W500.jpg

ウイルスが体内に侵入すると、抗体が攻撃。発症や重症化を防ぐ。2104_P026_03_W500.jpg

【疑問】接種する前に予習しておくべきことは何ですか?

「いざワクチンを打とうというときに不安がないよう、まずは新型コロナウイルスのワクチンについて正しい情報を確認しておくことが大切です。みなさんが打つのはmRNAという新しいワクチンだけに、間違った情報も出てきやすいものです。正しい情報を見る目を養ってください。また、持病があるなどしてワクチン接種が不安な場合は、事前にかかりつけ医へ相談することをおすすめします。接種会場では問診の時間もとられていますが、一人一人の事情をふまえて安心できるまで相談するということは難しいでしょう。問診で必ず伝えるべきなのは、過去のワクチン接種でアナフィラキシー(じんましんや息苦しさ、意識レベルの低下など全身に現れる激しいアレルギー症状)を起こしたことがある人のみです。もしも、そういった経験がある場合には、問診でしっかりと伝えるようにしてください。また、今回の筋肉注射は、上腕の筋肉部分に打ちます。当日は、注射を打ちやすいように、肩を出しやすい服装で行くようにしてください。スムーズにワクチンを接種できるよう、予習と準備をしっかりされることをおすすめします」

2104_P027_01.jpg

《接種会場での問診を長引かせないための工夫を》

問診でよくある質問を下記にまとめました。

事前にチェックすると、スムーズにワクチン接種ができます。

なぜワクチンを接種するのですか?
⇒新型コロナウイルスに対する免疫をつけたり、免疫を強めるために接種します。発症や重症化の予防だけでなく、社会全体での流行を防ぐことを目的としています。

接種回数は何回ですか?
⇒2回です。2回目も、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

ワクチンを打った後、頭痛や熱があったら薬を飲んでもいいですか?
⇒かまいません。ただし、予防のためにとワクチン接種前に痛み止めや解熱剤を飲むのはやめてください。

当日はお風呂に入ってもいいですか?
⇒入浴は問題ありませんが、注射した部分は強くこすらないようにしてください。

接種後、散歩をしてもいいですか?
⇒軽い散歩はかまいませんが、激しい運動をすることは避けてください。

2回目のワクチン接種は、1回目から3週間後に受けるとなっていますが、どのくらいずれても大丈夫ですか?
⇒1回目から1カ月以内を目安に、3週間後、できるだけ早く2回目を受けるようにしてください。

【まとめ読み】「新型コロナワクチン接種前のいま知りたい7つのこと」記事リストはこちら!

取材・文/寳田真由美 イラスト/上路ナオ子

 

<教えてくれた人>
米国立研究機関博士研究員 峰 宗太郎(みね・そうたろう)先生
医師(病理専門医)、薬剤師、博士(医学)。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所等を経て現職。近著は『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』(日経プレミアシリーズ)。

【毎日が発見ショッピング】【毎日が発見ショッピング】マスクのお悩み対策

 

2103-4furugi.jpg

生活必需品となったマスク、息苦しさやにおい、保管場所や眼鏡対策などお悩み解決に役立つ便利アイテムを集めました!

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年4月号に掲載の情報です。
PAGE TOP