「社会的なつながり」が多いほど発症リスクは減少します。認知症予防に「人と会話する」ススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に教えていただいた「認知症を防ぐための12の方法」の1つ、「人と話す」効果についてご紹介します。

2009_P033_01.jpg

【認知症を防ぐ方法⑦】人と話す

人と会って会話をするとき、相手の話している内容を理解し、自分で言葉を選んで返事をしなければなりません。

会話のこうしたやり取りが、脳の働きを活発にするのです。

国立長寿医療研究センターの調査では、社会とのつながりが多い人の方が、認知症になりにくいことが分かっています(下図参照)。


社会的なつながりが多いほど認知症のリスクが減る

社会的なつながりが多い人(5点の人)は、0~1点の人に比べて認知症の発症リスクが46%減。

2009_P033_02.jpg

社会的なつながりの得点

「配偶者がいる」「同居家族との支援のやりとりがある」「友人と交流している」「地域グループ活動に参加している」「就労している」の5項目について、「はい」と答えた場合を1点、「いいえ」と答えた場合を0点として集計。合計点数が「0~1点」の人の認知症の発症率を1としたときの発症率。

出典:J Epidemiol Community Health,72(1),7-12.doi:10.1136/jech-2017-209811を基に作成。


反対に、家に閉じこもりがちであまり会話をしない人は、認知症のリスクが高まる傾向に。

「友達と会って話をしたり、地域のボランティア活動などに積極的に参加すれば、コミュニケーションも取れて予防にもなります」

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP