1日30分から、最低でも2日に1回は実施して!「認知症予防ウォーキング」のススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。しかし最近は「積極的に予防すれば発症を抑えられる」ことが、国内外の研究で報告されているんです。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に選んでいただいた「認知症を防ぐための12の方法」をご紹介します。

2009_P030_02.jpg

【認知症を防ぐ方法③】ウォーキングをする

有酸素運動は、脳の神経細胞を刺激するホルモンの分泌を増やして、認知機能を向上させる働きが期待できます。

気軽に取り組める有酸素運動に、ウォーキングがあります。

「1日のウォーキングの目安は30分から1時間。最初は30分から始めて、少しずつ時間を増やしていきましょう」と浦上先生。

ウォーキング中は歩数計をつけて、毎日の歩数をノートに記録すれば、歩数を増やすことが楽しみに。

やる気が出て、無理なく続けられる人が多いようです。

毎日ウォーキングできない場合も、認知症予防のためには、最低でも2日に1回は行うようにします。

ウォーキングをすることで体力や筋力の維持ができるので、認知症につながる「3つの病気を防ぐ」(糖尿病、歯周病、動脈硬化)ことにもつながります。

関連記事:「糖尿病、歯周病、動脈硬化...「3つの原因」を防ぎましょう」

認知症を防ぐ正しいウォーキング

2009_P030_01.jpg2009_P030_03.jpg

2人でおしゃべりしながら
歩きながらおしゃべりすると脳の働きも活発に。コロナ禍が落ち着いたら、ぜひ行いたい取り組みです。

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 モデル/大塚美世 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP