「チクチクした生理痛」がある人に。漢方カウンセラー「シナモン&ブラックペッパー」のススメ

すぐに疲れてしまう、おなかにガスがたまる、生理前に太りやすい...病院では原因が特定されづらい「なんとなくの不調」に悩まされていませんか? そこで、年間2000人以上の悩みに応えてきた漢方カウンセラー・大久保愛さんの著書『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)より、「漢方×栄養学×腸活」の考え方をもとにした「食薬」のエッセンスをご紹介。ぜひ、自分の「体の状態」に合わせて食事を選び、体調を整えてみてください。

pixta_27304430_S.jpg

「チクチクした生理痛がある」なら...

小さな茶色いスティックが毎月の必需品

生理痛で毎月、つらい思いをしている女性は多いでしょう。

生理の日が近づくたびに憂鬱になるのは、もううんざりですよね。

チクチクする痛み、さすると治まる痛み、重だるい痛み、腰に響く痛みなど、その症状はさまざまです。

漢方では、それらすべて原因が違うと考えられています。

チクチクする痛みについては、「瘀血(おけつ)」によるものです。

「不通即痛(ふつうそくつう)」といって、滞りのあるところに痛みが生じるのです。

あるデータによると、ものがゆっくりクルクルと回転する様子を60秒間見ていると、リラックス効果が得られるとのこと。

これを利用して、視覚的にリラックスしてはいかがでしょうか。

とりたい食材

●シナモン

sinamon.jpg

ミネラル、ビタミンB1・B2のほか、強い抗酸化作用を持つプロアントシアニジン、血流を改善するクマリンが含まれます。

特徴的なのがシンナムアルデヒドです。

血管の老化を防ぎ、血流を促します。

そのため、血管の修復が必要な人ほど効果を実感しやすいようです。

漢方でも、血行促進や鎮痛のために使われることがあります。

●ブラックペッパー

pepper.jpg

どんな料理もブラックペッパーを一振りした瞬間、ピリッと味が締まりますよね。

このピリッとするピぺリンという成分は、血管を拡張して血行を促進したり、消化をサポートしたりと、うれしい働きがあります。

ただ、粒(ホール)をひいた瞬間から香りが徐々になくなっていくので、使う前に粒をミルでひきましょう。

【お勧めレシピ】シナモン・ペッパー ルイボスティー

温かいルイボスティーを飲む直前に、ブラックペッパーの粒をひいて振りかけ、シナモンスティックでクルクルと混ぜましょう。

シナモンパウダーを使ってもかまいません。

◎血管の老化を防ぐ成分が含まれているルイボスティーが最適。そのほか、紅茶や白湯、ココアなどでもOK。

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』記事リストはこちら!

81yBLDwdcmL.jpg

とにかくわかりやすい!「漢方×栄養学×腸活」をかけ合わせて、日々の食事を中心に、心と体を整えて不調を解消する55のメソッドが収録されています

 

大久保愛(おおくぼ・あい)
薬剤師、国際中医師、国際中医美容師、漢方カウンセラー。秋田の豊かな自然の中で、薬草や山菜を採りながら暮らす幼少期を過ごし、漢方や食に興味を持つ。薬剤師になり、北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び、日本人で初めて国際中医美容師資格を取得。漢方カウンセラーとして、年間2000人以上の悩みに応えてきた実績を持つ。

shoei.jpg

『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』

(大久保愛/KADOKAWA)

女性ホルモンの分泌の変化で起こるさまざまな不調は、「5つの体質」に分類して考えることができます。自分の体質を診断したうえで、「体の不調別」にオススメの食材が提案されるので、とにかくわかりやすい! 漢方カウンセラー考案の不調解消メソッドが詰まった、あなたの「食べる薬」がわかる保存版の一冊です♪

※この記事は『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(大久保愛/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP