「便秘になりやすい呼吸」してません?くびれ母ちゃんが教える、内臓のための「本当の呼吸」

便秘や肌荒れなど、あらゆる体の不調を改善できる「便活」をご存じでしょうか。"くびれ母ちゃん"として人気の姿勢改善コアトレーナー・村田友美子さんが考案したメソッドで、太りやすい体からも卒業できると話題です。そこで村田さんの著書『くびれ母ちゃんの出せるカラダ - デトックスがとまらない!』(ワニブックス)から、すぐに使える「便活メソッド」の一部を連載形式でお届けします。

くびれ母ちゃん03.jpg

本当の呼吸、できてる?

呼吸をするとき、自分のカラダを触ってみてください。

お腹、胸、肩、背中、どこに一番空気がたくさん入っていますか?

正解は背中に空気が入って大きく膨らむこと。

しかしほとんどの人が背中に空気を入れる意識はないし、入れる感覚がわからないのです。

息を吸うと横隔膜は下に下がり、吐くと上がるという上下運動をします。

横隔膜は肋骨の下にドーム状に、胸側と背中側についています。

胸側は意識しやすいのですが、背中側を意識して呼吸をしている人はほとんどいません。

そういう人はほぼ姿勢が悪いといってもいいくらい。

121-003-034-2.jpg

背中側が膨らまないのは、背中まわりの筋肉が硬いからです。

つまり背中が硬いと横隔膜の動きが鈍くなり、浅い呼吸になります。

浅い呼吸は、横隔膜がほとんど動いていないので、横隔膜の下にある内臓への刺激が少なくなるし、横隔膜が上がるとき下垂した内臓(※)を骨盤底筋とともに引き上げるのですが、その力も弱くなってしまいます。

つまり腸への刺激が少なく、内臓は下垂したまま。

便秘になりやすい呼吸なのです。

※内臓下垂=内臓が下がり、腸が押しつぶされて、消化・吸収・排便のサイクルを乱す。ぽっこり下腹の原因にも。

私たちは1日に約2万回呼吸をし、横隔膜の上下運動も同じ数だけしています。

横隔膜を動かして呼吸ができるのとできないのとでは、1日だけでも2万回分の差が出てしまうのです。

【背中に空気入ってる?】右手で左側の背中を触ります。背中が柔らかいと、呼吸をしたときに、手のひらを押すように背中が膨らむ感覚があります。

【最初から読む】そのぽっこり下腹...実は「脂肪」じゃないかも!?

【まとめ読み】「くびれ母ちゃんの出せるカラダ」記事リストを見る

115-H1-karadaniyasashiigan.jpg「すっきり便通」が手に入るほぐし&ストレッチ。すぐに使えるオリジナルの「デトックスボール」が付いています

 

村田友美子(むらた・ゆみこ)
姿勢改善コアトレーナー。ピラティス、体幹トレーニング、整体の資格を取得後、ほぐし、ストレッチ、呼吸と体幹トレーニングの組み合わせにより姿勢を改善する独自のメソッドを考案。女性らしいくびれのあるしなやかな体づくりが評判を呼び、モデルや女優など芸能関係者も主宰スタジオに多く通う。

115-H1-karadaniyasashiigan.jpg

『くびれ母ちゃんの出せるカラダ - デトックスがとまらない!』

(村田友美子/ワニブックス)

呼吸や骨盤の位置を正す「ほぐし&ストレッチ」で、便通は改善、ぽっこりお腹にさよならできる「出せるカラダ」を作る方法!腸活の第一人者・小林弘幸医師との対談など、カラダを整える知恵も盛りだくさん。付録の「デトックスボール」を使って、今すぐに便活を体感してください。

※この記事は『くびれ母ちゃんの出せるカラダ - デトックスがとまらない!』(村田友美子/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP