目を閉じるだけで...こんなに難しい! 脳機能の低下を調べる「片足立ちテスト」のやり方

腰痛、手足のしびれ、不眠がなかなか治らない...その原因、実は「右脳と左脳の働きのバランスが崩れている」のかもしれません。そこで、石井克昇さんの著書『不調が消え去る脳バランス体操 右脳と左脳の働きが一瞬で整う』(KADOKAWA)より、左右の脳機能の働きをチェックし、機能が低下した側に刺激を加える健康法「脳バランス体操」についてご紹介します。

pixta_30220533_S.jpg

脳バランスのチェックテストをやってみよう


【片足立ちテストのやり方】

① 転んでも危なくない場所(もしくは、転倒予防に手でつかめるものがある場所)で、目を閉じて片足立ちで立つ。10秒以上、立つことを目指す

②反対の足でも同様に行う


目を閉じて片足立ちを行うと、目を開けた場合よりもはるかにバランスが取りにくくなります。

特に高齢者の場合は、くれぐれも転倒に気をつけてください。

転倒リスクが高いようでしたら、目を開いたまま行ってもかまいません。

片足立ちをしたときに、どちらの足がふらついたか──。

どちらの足が長時間立っていられたか──。

右足がどうしてもふらつきがちという人は、右の小脳機能の低下が起こっており、大脳では、左脳の機能低下が予想されます。

中高年の年代でも、健康な人なら、目を閉じての片足立ちは10秒以上できるとよいと考えられます。

【片足立ちテストのやり方】

101-1.jpg

①転んでも危なくない場所(もしくは、転倒予防に手でつかめるものがある場所)で、目を閉じて片足立ちで立つ。10 秒以上、立つことを目指す101-2.jpg②反対の足でも同様に行う

しかし、極端に運動不足の人や、高齢者の中には、脳バランスが悪くなっているだけでなく、同時に筋力低下も起こっていることが多いため、どちらの足でも2~3秒と立っていられないケースが少なくありません。

この場合は、大脳の両側に機能低下が起こっていると推定できます。

放置したままでいると、今後、脳機能が全般的にさらに低下していくだけでなく、同時に、筋力もジリジリと落ちていくことが予想されます。

こうした人は、ぜひ毎日、片足立ちテストを続けてください。

このテストは、低下した側の脳に刺激を与えると同時に、弱った筋力をアップさせる効果も期待できるからです。

ただし、あくまでもトレーニングとして、少しずつ片足立ちの時間を伸ばしていくのはよいことですが、このテスト自体は〝タイムトライアル〟ではありません。

無理して長い時間、行おうとする必要はありません。

イラスト/どいせな

【まとめ読み】『不調が消え去る 脳バランス体操』記事リスト

81qFSM7STDL.jpg

6章にわたって、左右の脳機能のバランスを整えて不調を改善する「脳バランス体操」について解説しています!

 

石井克昇(いしい・かつのり)
石井堂クリニカルオフィス・石井堂街の接骨院代表。柔道整復師。米国やカナダで信頼を得ている施術法「アクティベータ・メソッド」を駆使した治療を行う。神経学、東洋医学、心理学、コーチング、脳の誤作動記憶の調整法(心身条件反射療法)を学び、不調な心身を健康へと導くセルフケア「脳バランス体操」を開発。治療院には一流アスリートやアーティスト、モデルなど多くの著名人も訪れる。

shoei.jpg

『不調が消え去る脳バランス体操 右脳と左脳の働きが一瞬で整う』

(石井克昇/KADOKAWA)

左右の脳機能のバランスを整えて、長引く痛みや不調を改善する「脳バランス体操」を紹介しています。簡単なやり方で、右脳と左脳どちらの機能が低下しているかをチェックし、低下した側に刺激を入れることで、右脳と左脳の働きが一瞬で整います。神経学、東洋医学、心理学、コーチングを学んだ著者による、まったく新しいアプローチの健康法で話題の一冊です。

※この記事は『不調が消え去る脳バランス体操 右脳と左脳の働きが一瞬で整う』(石井克昇/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP