「口に指3本」入らなかったら、もしや・・・!? 歯科医師が教える「顎関節症」の初期段階チェック

「死ぬまで好きなものを食べ続けたい!」なら、鍛えるべきは「口の中」。そこで、丈夫な歯と歯ぐきを維持できるトレーニングを考案した歯科医師・新谷悟さんの著書『歯と歯ぐきを強くする 噛みトレ』(アスコム)から、「口と歯を守る」ためのヒントをご紹介します。

pixta_59418125_S.jpg

実は予備軍が1900万人?

食事のとき、噛むのに疲れていませんか?

口を開いたり閉じたりすると、カクカク音が鳴りませんか?

無意識に歯ぎしりや食いしばりをしていませんか?

口が開けづらい、あごが痛いということはありませんか?

ひとつでも「はい」と答えた人は、顎関節症の可能性があります。

顎関節症の代表的な症状は、あごが痛くなる(顎関節痛・咀嚼筋痛)、口が開かない(開口障害)、あごを動かすと音がする(顎関節雑音)。

顎関節症が悪化すると、わずか25ミリしか口が開かなくなります。

25ミリがどれくらいか説明すると、だいたい握り寿司の高さになります。

つまり、ネタとシャリを分けないと食べられないということです。

ハンバーガーも、すべて分解しないと食べられません。

そんなの自分は関係ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、NHKの「ためしてガッテン」(2019年6月12日放送)では、顎関節症の予備軍が、推定1900万人はいるのではといっていました。

顎関節症の初期段階かどうかは、自分でチェックできます。

まず鏡の前に背筋を伸ばして立ち、人さし指を耳のつけ根、こめかみの下あたりにあるくぼみに当てます。

そのまま口を「い」と発声する形にして歯が見えたら、ゆっくりと口を開けていきます。

まっすぐ開いていけば大丈夫。

ガクッとしたり、カチッという音が鳴ったり、くぼみに当てた左右の指先に伝わる振動に違いがあれば、注意が必要です。

102-005-099.jpg

口がしっかり開くかどうかでもチェックできます。

無理のない範囲で大きく口を開き、人さし指と中指を縦にして入れてみてください。

上下の歯の間に余裕をもって入れば、開き具合は正常です。

入らなかったり、余裕がなかったりすると要注意。

正常な人であれば、薬指を加えて3本入ります。

102-005-100.jpg

顎関節症の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりや食いしばりのくせがあったり、片側だけで噛むくせがあったりなど、さまざまな要因が組み合わさることで発症するのではないかと考えられています。

歯ぎしりや食いしばり、偏った食べ方などは、口やあご周りの筋肉がこりかたまっていることも原因のひとつです。

口が開けられないのも、実は顎関節症ではなく、筋肉が極度にこってしまっているからかもしれません。

老後も好きなものが食べられる「噛みトレ」記事リストはこちら!

102-H1-kamitore-.jpg日本の医師の中で0.6%しか選ばれないベストドクターが考案した1日2分の「口のストレッチ」が紹介されています。

 

新谷悟(しんたに・さとる)

1961年、香川県生まれ。口腔外科医、歯科医師。東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック院長。2014年、東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックを開院。2019年、日本の医師の中で0.6%しか選ばれないベストドクターに歯科口腔外科医(歯科医師)として選出される。TVをはじめ各種メディアにも多数出演する。

102-H1-kamitore+.jpg

『歯と歯ぐきを強くする 噛みトレ』

(新谷悟/アスコム)

認知症や誤えん性肺炎、心筋梗塞、動脈硬化から肩や首のこりまで、さまざまな病気や症状を予防もできる「噛みトレ」。いつまでも好きなものを食べ続けられるようになる、1日2分の簡単ストレッチが紹介されています。

※この記事は『歯と歯ぐきを強くする 噛みトレ』(新谷悟/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP