体を後ろに反らすのが苦手な人に! 1回10秒で猫背解消「イス胸椎のばし」

首や肩、背中の「こり」に悩まされていませんか? その原因は、「背骨の中心となる胸椎にあるんです」と、テニスボール矯正の考案者である酒井慎太郎さんは言います。そこで、酒井さんの著書『肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし』(KADOKAWA)から、毎日10秒続けるだけで効果がある「胸椎のばし」のメリットや具体的な方法をご紹介します。

pixta_41389986_S.jpg

「イス胸椎のばし」胸椎の後ろ方向の可動域を回復させる

ストレートネックやねこ背が進んでいる人は、体を後ろへ反らす動きが苦手。

胸椎がこり固まっているために、上体を後ろへ反らせられなくなっているのです。

『イス胸椎のばし』は、胸椎を刺激して後ろ方向への可動域を回復させていくメニューです。

まず、イスの前に座り、イスの座面前側のフチに背中の肩甲骨中央部が当たるように体の位置を調整してください。

そして、イスのフチで胸椎部分がグッと押し込まれるのを感じながら、上体をできるだけ大きく反らしていくのです。

時間は1回10秒。

慣れてきたら、2、3回繰り返しても可。

最初はあまり上体を反らせなくても、かたさがとれるにつれて次第に大きく曲げられるようになるはずです。

日々続けていけば、ねこ背も解消し、胸椎もしなやかな動きを取り戻すでしょう。

イスの前に座り、座面のフチに背中上部を当て、後ろへ大きく上体を反る

イス胸椎のばし.jpg

イスの前に座って、イスの座面のフチに背中の肩甲骨中央部が当たるように体の位置を調整する。そのうえで上体を後ろへ大きく反らしていく。イスのフチで背中上部が押し込まれるのを感じながら、10秒間体を反らした姿勢をキープ。慣れてきたら、これを2、3回繰り返す。

注意点
イスが高くてうまく背中上部に当てられない場合は、クッションや座布団を使って高さを調整しよう。イスが低い場合は、お尻を床につけて座ってもOK。また、体重をかけることでイスがずれたり倒れたりしないように気をつけよう。

肩こりや首痛に悩む人は必読です!「10秒胸椎のばし」その他の記事はこちら!

71dOuge9zhL.jpg

たった10秒で効果をもたらす「テニスボール胸椎のばし」に加え、「仙腸関節テニスボール体操」など、10の胸椎のばしメニューが! 5章に渡って「健康をキープ」するメリットが詰め込まれた一冊

 

酒井慎太郎(さかい・しんたろう)

さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。千葉ロッテマリーンズ・ベースボール・アカデミーオフィシャルメディカルアドバイザー。中央医療学園特別講師。テニスボールを使用した体全体のバランス矯正の考案者。

shoei.jpg

『肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし』

(酒井慎太郎/KADOKAWA)

頭痛、めまい、背中のハリ、ねこ背、ストレートネック…。

スマートフォンの普及などにより、現代人が抱える多くの不調。その原因と解消方法がとにかく「わかりやすく」まとめられた話題の一冊です。

肩こりや首痛の原因を知り、それらを解消する「胸椎のばし」を行うことで、ぜひ健康のキープに役立ててください。

※この記事は「肩こり・首痛完全解消! 10秒胸椎のばし」(酒井慎太郎/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP