「もう二度と行かない!」母のおせち作りの手伝いに駆り出された妻が激怒して帰宅し...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひろし
性別:男
年齢:51
プロフィール:兄夫婦が両親と同居する実家からほど近くに住む51歳の会社員です。義姉(52歳)は母とうまくやっていたのですが...。

39.jpg

正月も迫ってきた年末、母(78歳)から電話が入りました。

「ああ、ひろし、お願いがあるんだけどね」

「どうしたの?」

「そろそろお節の支度を始めたいんだけど、今年は一人になっちゃったから手が足りなくて」

両親は兄夫婦(53歳と52歳)と同居していました。

義姉は専業主婦で、跡取り息子と一緒になったからにはと、母から我が家の流儀をいろいろと仕込まれていました。

ところが、兄に突然の地方転勤が命ぜられ、義姉もついていったため、「頼りの右腕」がいなくなってしまったわけです。

「ほんとに困ってるの、何とかゆう子さん(私の妻、50歳)をお借りできないかしら?」

「うーん、どうかなあ、ゆう子も仕事があるしさ」

「そう言わずに助けてちょうだいよ」

「まあ、分かったよ、帰ってきたら話してみる」

そう言って電話を切りました。

仕事から帰ってきた妻に相談してみました。

「えー? そういうのしなくていいのが良かったのに...」

専業主婦でやっていた義姉の代わりは荷が重いし、仕事が詰まってるので無理、と軽くいなされました。

日を改めて母に断りの電話。

「やっぱり無理だってさ。まあ、今年はおせちも外注してみたら?」

しかしそう伝えた途端、母が切れました。

「なに言ってんの! あんたが話すっていうから当てにして、もう材料もそろえちゃったんだよ」

「いや、だって、ゆう子がさ...」

「捨てろって言うの? 頼りにしてたんだよ!」

とにかくひどい癇癪でした。

やむなく妻を説得しました。

「まあ、義姉さんの代役は大変だと思うけど、ここは人助けだと思ってさ...」

「もう、やだなあ、今までお義姉さんに任せっぱなしにしてた負い目はあるけどさ...」

渋々休日だけという条件で引き受けてもらいました。

ところが...

「もういや! 二度と行かないから!」

休日のご奉仕を終えて帰宅した妻はひどくご立腹。

「ご苦労様、いったいどうしたんだ?」

「あんなの付き合いきれません、無茶苦茶よ、お義母さんは!」

話を聞くと、野菜を切れば皮のむき方が汚いと言われ、黒豆を煮るのに釘を入れ忘れたらそんなのは常識だとなじられ、何をやっても文句ばかり。

「挙句の果てに、洗濯物を畳んでないって言い始めて」

「なんだそりゃ?」

「煮物をしてる間の空き時間に、それぐらいするもんでしょ? だって! 私は家政婦じゃないわよ!」

さすがにこれはと思い、母に電話を入れました。

「あら、ひろし。今日はゆう子さんに来てもらえて助かったわ。次のお休みもお願いね」

「いや、母さん、ゆう子から聞いたんだけどさ...」

「みち子さん(義姉のこと)に比べると手際は悪いけど、片手間主婦じゃしょうがないわよ。この機会に私が仕込んであげるって、伝えておいてね」

絶句です。

その次の休日、妻が仮病を使ったのは言うまでもありません。

電話でそのことを伝えました。

「まあ、大変ね。じゃあ、早く治してまた来てください、って」

「またって? だって、もうお節は間に合わないだろ?」

「だから、家事を仕込んであげるからいらっしゃいってことよ」。

...とても妻には言えません。

関連の体験記:竜宮城だと思っていた義実家は...実は鬼ヶ島⁉ 人徳者を装う義母の「本当の顔」
関連の体験記:「これ、旅費ね。残ったお金はとっておいて」お義母さん...あなたが使い過ぎて全然足りてませんから!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

とりあえず、投稿者様は奥様の味方らしくてよかったですが。 奥様、こんなにあくの強い義母さんとずっと同居で相手をしてくれた義理姉さんに感謝はないのでしょうか。 義理姉さんのおかげで、ゆう子さんは今までこんなひどい目に合わなくて済んだのに。 義理兄さんの転勤も同居に耐えかねて出ていくために希望したのではないでしょうか。
旦那達がまともなら、嫁さん達は苦労しないよ。 長男嫁に感謝して頭下げるべきは旦那共。 次男嫁はせいぜい同情するくらいでちょうどいいんだよ。
こりゃ転勤して出ていったのもこの母親のせいだな。兄弟で協力してガツンと言わなきゃ分からないよこういう人は。 とりあえずこの旦那さんは奥さんの味方でよかった
正直もう次男坊のお嫁さんは義理母の言う事は聞きませんよ。旦那さんは板挟みで大変だと思いますが奧さまの味方なのが救いですね。でも曖昧に断る事を繰り返すようならいつかは爆発しますよ。兄嫁さんは我慢できたから上手くやれていたのでしょう。しかし本当は辛かったのではないでしょうか。
家事を仕込んであげるって…、その上から目線どうにかなりませんか? ゆう子さんがお願いしたわけでもないのにね。 長年、長男嫁をあてにしてきたせいで、自分ひとりで家事の切り盛りをするのが大変なのか、あるいはよっぽどお暇でする事がないから構いたくなったのか。 今のうちに、夫であるお父様や息子さん達がきちんと言ってあげないとお嫁さんたちと疎遠になっていくのは間違いないでしょうね。 最近では介護は実子と申します。 嫁の協力を得られない状態で男性陣だけでどこまでやれるのか少しお考えになってはいかがですか。
老害は長男と次男で解決すべき問題で、義理姉さんもゆう子さんも被害者以外の何者でもありません。
感謝するのは長男次男だけでしょw なんでゆうこさんが感謝せなあかんのw
そのおり!!
とても妻には言えませんとおっしゃいますが、じゃあ、あなたはどうなさるおつもりですか? 親孝行の道具として妻を差し出すことなく、きちんとお母さんを諫められるのでしょうか? 夫としての手腕が問われますね。 妻が夫より健康で長生きできるとは限りませんし、家事が出来ない夫ではいざという時困りますよね。 お母さんに家事を仕込んでもらうのは、ひろしさん、あなたの方が適任かもしれませんね。 休日に足繁く通って、我が家の流儀とやらを伝授してもらってはいかがですか。 親孝行は自分でしましょう。
お節の手伝いも投稿者なすらばよかったのでは?なんで妻ばっかりなんだ…
何で奥さんが行かなきゃいけないの? ヒロシさん、あなたが一言、俺が手伝うとお母様に言えばいいんじゃない? 義理のお姉さんに感謝の気持ち?意味がわかりません。 ひどい目に合わせていたのは誰でしょう?
ヒロシさんがハッキリ断れないなら「土日もお仕事が入りました。無理です済みません。」と次第に疎遠になりますね…。 自分ちの事は自分で出来る範囲でやれば良い。 他人の手を借りてまでするのは図々しい。
アタシは、長男の嫁。しかも、同居。 義母とは、あんまし、上手くいって無かった。 けど、今は、息子達が、それぞれに、結婚したから、姑になってしまった。 順繰りなんだよねぇ〜立場が、嫁姑っていう、関係だけで、ややこしくなっちゃって 相性が、合えば、料理上手になるんだし。 悪い事ばっかじゃないかもダヨ 義母が、居てくれて、助かった事も、いっぱいあったし。 義母だけが、悪者になっちゃうのも、どうだろうって、今は思うのは、アタシだけかな〜
私もその道を辿ったものです。最悪は頼みの綱の主人が義母よりだったので地獄でしたね。今思えば最初からはっきり手伝えない、出来ないと言うべきでした!
投稿者さん、あなたの親でしょ?あなたが手伝いに行くべきでしょう。なぜ仕事もしてる奥さんをモンスターのところに犠牲に差し出す?は?人助け?自分の親の世話くらい自分でしろよ。
発言にツッコミどころしかないお母様…。 そもそもお兄様ご夫婦がいなくなったなら、それ相応のおせちにすればいいのに。
長男の嫁が思う通りになったと言う成功体験が、それでは次男の嫁も…なんて思い違する根拠になっているかも? 「お母さんのおかげで、色々と勉強になりました」とでも長男嫁に言われて、真に受けたのでは? 嘘じゃないだろうけど…本心はそれが全てではないかと。 夫の遠方へ転勤と言う絶好の口実に、長男嫁はどんだけホッとしただろう? 今の時代、夫の家族と同居するかどうかは選択の時代。 嫁が婚家に「仕える」なんて時代ではありません。 ゆう子さんが行きたくないと感じたんだから、二度と行かなくて良いです。 ゆう子さん自身が望んで「今からでも、お義母さんに色々教えて貰いたい」と思ったならばともかく、そうじゃないならば行く必要はありません。 最初が肝心。ハッキリ断って、中途半端に手伝わない方が良いと思います。 このままズルズル毎週、姑さんのところに行く様になったら、最悪 次男一家が同居なんて事も可能性として出て来るかも? 婚家の事は嫁が手伝うもの…と言う既成概念は、時代遅れです。 嫁を当てにするのを当たり前と思わず、実の息子であるお兄様とあなたが、積極的に関わってあげて貰いたいものです。
兄弟が母にいい顔ばっかりするからこうなったんだよ。 介護は気の合う兄弟で仲良く分担しなよ。 奥さん達を当てにするなんて、恥知らずなことはしないようにね。
で、あんたはどうしたいのさ? 何が家事を仕込んでやるだ? 嫁は家政婦ではない。老害の言うことは聞くな。
ほんとほんと‼️私も同じ気持ち‼️旦那が親の言うがままだし旦那は今迄な〰️んもしなくて当たり前で過ごしてきたから10年前から敵討してます、ちょっとでも姑の事を誉めると図に乗る旦那空気読まない、いまだに役立たず、消えろ~
その通り!! 拍手です。
ただただ次男坊が情けない!だけだな。嫁さんか黙って言う事なんか聞く訳ない。二度と行かない!と言うならそう云えばいい。親にいい顔をしたいから言えないだけだろ。アンタの親なんだからハッキリと言えばいいだけの話。
奥さんへの詫びを兼ねて、妻実家で無償ご奉仕&嫌みの洗礼でも浴びてきたら?そんな根性なさそうだけど。
家事を仕込んであげるって姑は言ってるけど新婚じゃあるまいし、そんな必要なんかあるか。次男坊のアナタもハッキリせんかい。自分の親だろ。情けない。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP