低い枕はNG!知っておきたい「めまい」の予防&改善法

朝目覚めて起き上がろうとした時にグルグル目が回るなどの「めまい」。「平成28年国民生活基礎調査」によれば、女性の約3割の人がめまいの症状を訴えているといいます。一言で「めまい」と言っても症状も原因もさまざま。そこで今回は、聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授の肥塚泉先生に「めまい」の予防と改善方法についてお聞きしました。

pixta_43003102_S.jpg

■「めまい」を予防する生活習慣

・日中は活動的に過ごす
・足元がぐらつかない底の薄い靴を履く
・つえと手すりを利用する
・栄養バランスに気を付けた食生活をする
・十分な睡眠時間を取る
・ストレスをためないめまい_生活習慣.jpg

活動的な生活は内耳の働きを補う小脳の働きを活発にし、平衡感覚を養うことができます。


■注意! こんな習慣は「めまい」になりやすい

・柔らか過ぎる 寝具と低い枕
寝返りが打ちづらいと三半規管や耳石器への刺激がなくなります。低い枕は三半規管へ耳石が入りやすくなります。やわらかすぎる枕.jpg

・横向きで長時間本を読むなど
下側の耳に耳石がたまりやすくなるため、横向きのまま本を読み続けるのは避けましょう。本.jpg

■「寝転がり体操」で「めまい」を改善

下のイラストで示す「寝転がり体操」を、1日2回、起床時と就寝時に行ってください。メニエール病や前庭神経炎の人は、明るい部屋で目を開けた状態で行いましょう。 良性発作性頭位めまい症の人は、目を閉じていても開けていてもOKです。

体操1.jpg

布団やベッドの上に、あおむけに寝て10秒数える


体操2.jpg

寝返りを打つように体ごと右に傾けて、10秒数える


体操3.jpg

再びあおむけの状態に戻り、10秒数える

体操4.jpg


寝返りを打つように体ごと 左に傾けて、10秒数える

その他の「ヘルス&ビューティーの達人」記事リストはこちら!

取材・文/安達純子 イラスト/堀江篤史

 

<教えてくれた人>

肥塚泉(こいづか・いずみ)先生

聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授 。聖マリアンナ医科大学医学部卒。大阪大学医学部耳鼻咽喉科、米国ピッツバーグ大学医学部などを経て2000年より現職。聖マリアンナ医科大学病院「めまい外来」で5万人以上のめまいを解決している。

この記事は『毎日が発見』2019年7月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP