「ストレッチ」とは違います。理学療法士考案の「胸ひらき」が肩こり&片頭痛にいい理由

年を重ねるほどに増えていく体の「痛み」と「悩み」。寄る年波と思いきや、実は「ろっ骨のゆがみ」が原因となっているかもしれません。近ごろは、外出自粛による座り姿勢の増加や、体に合わない机と椅子での自宅テレワークによって、胸のねじれがよりひどくなる人も増えつつあるとか。そこで、1万5000人以上の体をリハビリで変えてきた理学療法士・田舎中真由美さんの著書『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』(主婦の友インフォス)から、体の調子を悪くする原因と、つぶれてゆがんだ「ろっ骨」を伸ばしてリセットできる著者考案の「胸ひらき」ポーズの一部を抜粋してお届けします。

pixta_29355493_S.jpg

問題は胸の「つぶれ」と「ねじれ」

だからこそ「胸ひらき」でリセット

多くの人は「ろっ骨が動く」と聞くと驚くかもしれません。

しかし、ろっ骨は一本一本が背骨にくっついているので、背骨が縮むとつぶれますし、ねじれれば一緒にゆがみます。

また同時に、ろっ骨とろっ骨の間の筋肉も、つぶれたりよじれたりするのです。

胸をひらけばお腹や背中がピンと伸びます。

すると、かたくなりつぶれていたあちこちの筋肉が働き始め、頭や骨盤、背骨がよい位置に戻り、よい姿勢を楽に保てます。

その結果、血流がよくなる、呼吸が深くなるなどの変化が起こり、痛みや不調も軽減。

みるみる心地よい体に変わっていきます。

「胸ひらき」は、ただ伸ばすストレッチとは違います!

「胸ひらき」では、つぶれたりゆがんだりしたろっ骨を気持ちよく伸ばし、ゆがみをリセットします。

このメソッドは一般的なストレッチや、朝の起き抜けやひと休みしたいときにグーッと体を伸ばす「伸び」とは少し異なります。

その肝となるのが呼吸。

つぶれたりゆがんだりしたろっ骨を広げるイメージで、くり返し呼吸することで、体の内側からも筋肉を伸ばすのです。

"ポーズ"で外側の筋肉(アウターマッスル)を、ポーズ中の"呼吸"で内側の筋肉(インナーマッスル)を使って整えてくれる。

「胸ひらき」なら、体の根本からゆがみをリセットできるのです。

144-003-043-a.jpg

144-003-043-b.jpg

胸ひらきが肩こり・片頭痛にいいワケ

頭の位置を整えてコリ&血流を改善!

肩こりや片頭痛の原因は、体のゆがみによる筋肉のアンバランスや血流の滞りが考えられます。

胸がゆがむと、ろっ骨と骨盤の位置がずれることで、呼吸を司るインナーマッスルが働きにくくなります。

すると「息を深く吸い、しっかりと吐き切る」ことが難しくなり、体は「頑張って」呼吸を深めようとします。

このとき、首や肩に余計な力が入り、筋肉をカチコチにかためてしまいます。

また、呼吸が浅くなると血流も悪化。

コリはひどくなる一方です。

さらに、姿勢が崩れると頭の位置も悪くなります。

毎日、重たい頭を支える首や肩の一部の筋肉には強い負担がかかり、緊張し続けます。

緊張した筋肉が血管を締め付けるため血行不良を起こし、緊張性頭痛の引き金になります。

胸をひらいてリセットすると頭が正しい位置に戻り、首や肩の緊張がゆるみ、血行も促されます。

結果、コリや頭痛の解消が期待できるのです。

144-003-045-a.jpg

胸ひらきに関わるインナーマッスルは上の4つ。

胸がゆがむと、このインナーマッスルがうまく使えなくなり、呼吸が浅くなります。

《実感してみよう! 呼吸の深さ》

144-003-045-b.jpg

背中を丸めて行う呼吸と背筋を伸ばしたときの呼吸を比べてください。

より深く呼吸できるのは、よい姿勢のときではないでしょうか?

悪い姿勢で行う呼吸は、肩が上がって余計な力が入ります。

この状態が続くと筋肉が緊張して肩こりや片頭痛を引き起こします。

【最初から読む】あなたの体、ゆがんでませんか?10秒で分かる体の「ゆがみ診断」

【まとめ読み】「胸ひらき」記事リストはこちら!

144-cover-rgb.jpg

1万5000人以上の体をリハビリで変えた理学療法士が考案した3つの体を整えるポーズを徹底解説! 日々続ければ肩こり、腰痛、尿漏れなどにさよならできるかも

 

田舎中真由美(たやなか・まゆみ)
フィジオセンターセンター長。理学療法士。臨床経験24年、1万5000人以上の身体機能の回復をサポートしてきた。腰痛、産後の骨盤周囲の痛み、尿もれや骨盤臓器脱などの骨盤底筋群のトラブルに対する骨盤調整、運動指導が専門。また、年を重ねると生じる腰痛やひざ・股関節などの整形外科的な問題も妊娠・出産が関与していると考え、より早期に予防・改善できるように産婦人科医院においても腹部・骨盤の機能回復のための運動指導に携わっている。NHK『あさイチ』出演ほか、雑誌など各メディアでも活躍。

shoei.jpg

『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』

(田舎中真由美/主婦の友インフォス)

肩こりや腰痛、ぽっこりお腹に尿漏れなどなど、年を重ねていくと増えていく体の不調。病院に行くほどでもない…と思いがちなちょっとした不調にさよならできる、体の調子を整えるメソッド。1万5000人以上の体をリハビリで変えた理学療法士が考案した方法は、どこでも1人で簡単に。たったの3ポーズだから、日々の「やってみたい」気持ちを奪う「痛い&つらい」にもさようなら!

※この記事は『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』(田舎中真由美/主婦の友インフォス)からの抜粋です。
PAGE TOP