お腹ぽっこりや尿もれに。悩み多き女性の体に「胸ひらきポーズ」がいいワケ

年を重ねるほどに増えていく体の「痛み」と「悩み」。寄る年波と思いきや、実は「ろっ骨のゆがみ」が原因となっているかもしれません。近ごろは、外出自粛による座り姿勢の増加や、体に合わない机と椅子での自宅テレワークによって、胸のねじれがよりひどくなる人も増えつつあるとか。そこで、1万5000人以上の体をリハビリで変えてきた理学療法士・田舎中真由美さんの著書『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』(主婦の友インフォス)から、体の調子を悪くする原因と、つぶれてゆがんだ「ろっ骨」を伸ばしてリセットできる著者考案の「胸ひらき」ポーズの一部を抜粋してお届けします。

【前回:「ストレッチ」とは違います。理学療法士考案の「胸ひらき」が肩こり&片頭痛にいい理由】

pixta_71797647_S.jpg

胸ひらきが腰痛・お腹ぽっこりにいいワケ

胸と骨盤の位置を正し腰まわりの負担を軽減

ゆがみのない体は、姿勢を支える様々な筋肉がしっかりと働くので、日常生活やスポーツシーンでも楽々と動けます。

重力に負けたり、筋力が低下したりで姿勢が保てなくなると、骨盤が後傾。

すると、前かがみの姿勢になり、「働く筋肉」と「働かない筋肉」が現れます。

前かがみ姿勢になると頭から胸を腰が支えるため、体の背面が固くなり腰部に負担が集中。

これが、腰のコリや痛みの原因になります。

一方、体の前面は胸がつぶれたりねじれたりするので、内臓が圧迫。

行き場を失った内臓は前にせり出すしかなく、ぽっこりお腹になってしまうのです。

胸をひらくと胸の位置が上がり、内臓がおさまるスペースができます。

押しつぶされた内臓はあるべき位置に戻り、お腹はスッキリ。

また、骨盤の上にきちんと上半身がのるので余計な力を使わず姿勢が保てるようになり、腰痛も楽になります。

腰痛とお腹ぽっこりの原因

144-004-047.jpg

胸ひらきが尿もれ・内臓下垂にいいワケ

内臓の位置が戻り骨盤底筋群が働く

尿もれは骨盤の底にあるインナーマッスル、骨盤底筋群が関係しています。

関連記事:理学療法士が考案! 「胸ひらき」が肩こり・片頭痛にいい理由

胸がつぶれると、骨盤の底に向かって内臓が下垂。

排尿のコントロールに関わる骨盤底筋群に大きな腹圧がかかり、咳をしたり、急に動いたりした瞬間に尿もれを誘発します。

まずは胸をひらいてお腹を伸ばし、内臓を圧迫から解放。

すると、押しつぶされていた骨盤底筋群がしっかり働くので、憂鬱な悩みも解消されます。

【次回:寝ながら伸ばして3回呼吸するだけ。理学療法士考案の体のゆがみを整える「胸のばし」】

【最初から読む】あなたの体、ゆがんでませんか?10秒で分かる体の「ゆがみ診断」

【まとめ読み】「胸ひらき」記事リストはこちら!

144-cover-rgb.jpg

1万5000人以上の体をリハビリで変えた理学療法士が考案した3つの体を整えるポーズを徹底解説! 日々続ければ肩こり、腰痛、尿漏れなどにさよならできるかも

 

田舎中真由美(たやなか・まゆみ)
フィジオセンターセンター長。理学療法士。臨床経験24年、1万5000人以上の身体機能の回復をサポートしてきた。腰痛、産後の骨盤周囲の痛み、尿もれや骨盤臓器脱などの骨盤底筋群のトラブルに対する骨盤調整、運動指導が専門。また、年を重ねると生じる腰痛やひざ・股関節などの整形外科的な問題も妊娠・出産が関与していると考え、より早期に予防・改善できるように産婦人科医院においても腹部・骨盤の機能回復のための運動指導に携わっている。NHK『あさイチ』出演ほか、雑誌など各メディアでも活躍。

shoei.jpg

『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』

(田舎中真由美/主婦の友インフォス)

肩こりや腰痛、ぽっこりお腹に尿漏れなどなど、年を重ねていくと増えていく体の不調。病院に行くほどでもない…と思いがちなちょっとした不調にさよならできる、体の調子を整えるメソッド。1万5000人以上の体をリハビリで変えた理学療法士が考案した方法は、どこでも1人で簡単に。たったの3ポーズだから、日々の「やってみたい」気持ちを奪う「痛い&つらい」にもさようなら!

※この記事は『胸ひらきで調子のいい自分がずっと続く』(田舎中真由美/主婦の友インフォス)からの抜粋です。
PAGE TOP