糖質制限がツラいならもち麦を! 栄養価ばっちり、免疫力もアップします/もち麦ダイエット

ダイエット効果や健康効果が多くのメディアで注目されている食材、「もち麦」。なぜもち麦が身体にいいのか? ダイエットしたい人にオススメなのかを、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がわかりやすく解説します。
もち麦によって2週間で変わる体を、あなたも感じてみませんか?

※この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(小林 弘幸/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「もち麦がすごい理由は「β-グルカン」のもつ4つのパワーだった! /もち麦ダイエット(3)」はこちら。

 

糖質制限ダイエットをしている人にもち麦が必要な理由

糖質を制限すれば、1.血糖値が上がりにくくなり、2.余分な糖が抑えられ、3.ダイエットや糖尿病予防になる。こういった考え方から、おもな糖質であるごはんやパンといった主食の量を減らす人が増えています。なかには、まったくとらない人も......。

極端に糖質を制限した弊害はいまだはっきりしていませんが、糖質を大幅に減らした結果、穀類から摂取していた食物繊維量が減り、便秘などの不調を抱える人も増加中

また、糖は脳を働かせるブドウ糖の原料になるので、極端に減らすと思考力や集中力といった脳の機能を鈍らせます。

糖質制限をするならもち麦を。豊富な食物繊維によって、血糖値の極端な上昇を防ぎつつも、脳に必要なブドウ糖も確保できます。

糖質制限ダイエットの落とし穴
1. 食物繊維不足で腸内環境が悪化、便秘がちに
2. 筋肉量が減る(糖の代わりに筋肉を分解してエネルギーにするため)
3. ブトウ糖不足で脳の働きが悪くなる

        ▼
        ▼

もち麦を取り入れることで解決できる!

 

 

もち麦にはほかにもこんな働きがあります

豊富なビタミン、ミネラルが摂取できる
もち麦を含む大麦のカルシウム量は白米の約3倍、カリウム量は白米の約2倍。どちらも加齢とともに体内量が減ってくるので積極的にとりたい成分です。脂質代謝に不可欠なビタミンB群や抗酸化に必要なビタミンEも多く含まれるので、日常的にとることで、アンチエイジングにつながります。 

もち麦p026-1.jpg

 

免疫力がアップ!風邪や感染症、アレルギーの予防と改善に
β ― グルカンが腸を刺激することで、さまざまな免疫細胞が活性化することが最近の研究でわかってきています。免疫力が下がると、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなるほか、最近では、花粉症などのアレルギー症状、がんなどにも関連があることがわかりつつあります。もち麦p026-2.jpg

 

高血圧を予防したり血圧を下げる働きに注目
血糖値が高く、血中にインスリンがたくさんあると、ナトリウムや腎臓の働きに影響し血圧が上がりやすくなります。

また、太って脂肪細胞が肥大化すると、肝臓から出るはずの血圧を上げる物質が、脂肪細胞からも分泌されるようになります。そのため太ると血圧が高くなるのです。もち麦のβ ― グルカンによって血糖値を下げ、内臓脂肪を減らせば、高血圧の予防にもなります。さらに、最近の研究ではもち麦には高血圧の上昇を抑制する働きがあるのではないかと注目されています。もち麦p027-1.jpg

 
美肌をつくるビタミンE、ポリフェノールを含有
もち麦を含む大麦には、活性酸素を抑え、乾燥肌対策に役立つビタミンEも含まれています。食物繊維によって便秘も改善されるので肌の調子も上向きに。また、もち麦のなかでも紫色の外皮を残しているものは、しみ、しわ予防に役立つ抗酸化成分のポリフェノールを含んでいます。もち麦p027-2.jpg

 
もち麦が糖尿病治療にも活用できる!?
血糖値の上昇を抑えるもち麦は、糖尿病治療でも活用されつつあります。とくにインスリンの効きが悪くなっている糖尿病患者の血糖値コントロールに有効。また、糖尿病治療では血糖値を下げる薬の効きすぎで意識がもうろうとする低血糖が問題になっています。ゆるやかに糖質を吸収できるもち麦なら、低血糖予防にもつながると期待されます。

 

次の記事「サラダやスープには「ゆでもち麦」を。もち麦との「最強タッグ食品」も教えます!/もち麦ダイエット(5)」はこちら。

小林 弘幸 (こばやし・ひろゆき)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年埼玉県生まれ。87年順天堂大学医学部卒業、92年同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師、助教授を歴任する。

自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。また、日本で初めて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもある。『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(KADOKAWA)をはじめ著書多数、また『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)などのメディアにも数多く出演している。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット

(小林 弘幸/KADOKAWA)

巷にあふれる様々なダイエット法。あなたも色々なダイエット法を試したことがあるのではないでしょうか?ただ、どのダイエットも「長期間」続けなければ、なかなか効果が表れず、結局挫折してリバウンド……という経験を持つ人も少なくないはず。本書では、テレビなどにも出演している「自律神経の第一人者」である著者が、メディアでも大注目の「もち麦」のダイエット効果についてわかりやすく解説します。レシピはもちろん、もち麦の選び方・買い方・食べるタイミングまで、もち麦ダイエットのイロハがわかる「もち麦ダイエット」を始める人にぴったりの一冊。

この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』からの抜粋です
PAGE TOP