食物繊維が白米の25倍も! 注目の「もち麦」ってどんな食材?/もち麦ダイエット

ダイエット効果や健康効果が多くのメディアで注目されている食材、「もち麦」。なぜもち麦が身体にいいのか?ダイエットしたい人にオススメなのかを、順天堂大学医学部教授の小林 弘幸先生がわかりやすく解説します。
充実のレシピ紹介は、きっとあなたの「もち麦ダイエット」をサポートしてくれるはず。
もち麦によって2週間で変わる体を、あなたも感じてみませんか?

※この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(小林 弘幸/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_26302339_S.jpg

 

「もち麦」ってどんなもの?

「もち麦」を初めて耳にする人も多いかもしれません。
ここでは、もち麦の特徴から栄養価まで、もち麦の基本をご紹介します。

大麦の一種です
もち麦とはその名のとおり、麦の仲間。大麦の一種で、米や小麦と同じ穀類に分類されます。もち麦と呼ばれるのは、「もち性」の大麦だから。米にうるち米ともち米があるように、大麦にも含まれているデンプン(アミロースとアミロペクチン)の割合によって、うるち性ともち性に分類されます。

ちなみに、一般的に親しまれている麦ごはんはといえば......こちらは「うるち性」の押し麦が使われています。

うるち性の押し麦にはプチプチとした食感が、もち性のもち麦にはモチモチとした食感に特徴があります。

もち麦p004-1.jpg

【もち性】
おもにもち麦など。アミロースのほかアミロペクチンも含むため粘りがある。これがモチモチの食感に。

【うるち性】
おもに押し麦など。含まれるデンプンがほぼアミロースで、かんだとき皮がはじけるようなプチプチ感が。

 

 

食物繊維の量が白米の25倍!

もち麦がダイエットに最適な理由は、食物繊維の量とバランスにあります。食物繊維の量は白米と比べて約25倍!

しかもカロリーは白米より少ないという優良食。また、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」がありますが、もち麦はその両方をバランスよく含んでいます。しかも、あらゆる食べ物のなかでも、水溶性食物繊維の量がもっとも多いといわれているのです。この水溶性食物繊維が、糖質の消化・吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を防ぐほか、腸内環境を整えながら、腸からやせやすい体をつくってくれます。

もち麦p005-1.jpgもち麦は、カロリーが少ないのに、食物繊維が多い!

 

 

米と一緒に炊いたり料理に混ぜていただきます

簡単なのは、一般的な雑穀と同じようにお米に混ぜて炊き、白米の代わりにいただく方法です。たとえば、お米にその半量のもち麦を混ぜて炊いた場合、白米に比べてカロリーが20kcalダウン。食べる量を減らさずとも、カロリーだけ減らすことができます。また、モチモチとしたかみごたえによって満腹中枢が刺激されるため、かえってふだん食べる量よりも少量で満足感があるかもしれません。

もち麦p006-1.jpg白米の代わりに

 

もち麦p006-2.jpg料理に加えて

 

 

スーパーのお米売り場をチェックしましょう

もち麦はスーパーや量販店のお米や雑穀コーナーで取り扱いがあります。最近はネットストアでも購入可能。ただし、商品を選ぶ際はパッケージなどの表示をチェックしましょう。「押し麦」「麦芽大麦」など、さまざまな麦製品がありますが、大事なのは「もち性の大麦」かどうか。同じもち麦でも、色や形が違うタイプもあったりしますが、パッケージ裏の原材料の部分に「もち性麦」「もち麦」などと表示されているものであれば大丈夫です。

 

モチモチとした食感がクセになります

もち麦自体にはほんのりとした味しかなく、くせがないので、どんな食材、料理に合わせてもおいしくいただけます。

主食にも、おかずにもなりますが、意外なところではスイーツに活用するのも一案です。たとえば、もち麦ごはんでつくった団子をお汁粉(しるこ)のお餅代わりにしてもおいしい!

スムージーに入れると「モチモチした食感がタピオカみたい!」などという声も。意外なおいしさが楽しめます。

もち麦p007-1.jpg 

もち麦p007-2.jpg

【米粒麦】
中心の黒い筋に沿って2つに切り、米の粒状に磨いたもの。形や比重が米とほぼ同じなので米と一緒に炊飯しやすい。

【丸麦】
大麦の外皮を取り除き、周りを削って整えたもの。米粒麦よりは大きめ。

【色あり】
粒が紫に色づいているものは、外皮を多く残す精麦を行ったもの。その分、栄養価や食感は異なります。

 

次の記事「とりあえず2週間続けてみて。 もち麦ダイエットの簡単ルール/もち麦ダイエット(2)」はこちら。

 

小林 弘幸 (こばやし・ひろゆき)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年埼玉県生まれ。87年順天堂大学医学部卒業、92年同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師、助教授を歴任する。

自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。また、日本で初めて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもある。『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(KADOKAWA)をはじめ著書多数、また『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)などのメディアにも数多く出演している。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット

(小林 弘幸/KADOKAWA)

巷にあふれる様々なダイエット法。あなたも色々なダイエット法を試したことがあるのではないでしょうか?ただ、どのダイエットも「長期間」続けなければ、なかなか効果が表れず、結局挫折してリバウンド……という経験を持つ人も少なくないはず。本書では、テレビなどにも出演している「自律神経の第一人者」である著者が、メディアでも大注目の「もち麦」のダイエット効果についてわかりやすく解説します。レシピはもちろん、もち麦の選び方・買い方・食べるタイミングまで、もち麦ダイエットのイロハがわかる「もち麦ダイエット」を始める人にぴったりの一冊。

この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』からの抜粋です
PAGE TOP