サラダやスープには「ゆでもち麦」を。もち麦との「最強タッグ食品」も教えます!/もち麦ダイエット

ダイエット効果や健康効果が多くのメディアで注目されている食材、「もち麦」。なぜもち麦が身体にいいのか? ダイエットしたい人にオススメなのかを、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生がわかりやすく解説します。
もち麦によって2週間で変わる体を、あなたも感じてみませんか?

※この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(小林 弘幸/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「糖質制限がツラいならもち麦を! 栄養価ばっちり、免疫力もアップします/もち麦ダイエット(4)」はこちら。

 

もち麦を食事に取り入れる方法

効率よく、もち麦の食物繊維を摂取する方法はおもに2つ。白米の代わりに、野菜感覚でおかずに、お好みのスタイルで積極的に取り入れましょう。

 

【食べ方1】もち麦ご飯で食べるなら、「5割炊き」で

本書では、もち麦のパワーを効率よく取り入れるため「5割炊きもち麦ごはん」を推奨します。5割炊きとは白米2:もち麦1、白米の5割がもち麦という炊き方。これを白米の代わりに食べます。

白米150g(1合)にもち麦70g(1/2合)を加えると、炊きあがりは約500g。お茶碗1杯(150g )を1日2回食べることを目標にすると食物繊維は約6g(日本人女性の食物繊維1日あたりの目標量の1/3)とれます。

この数十年、野菜などからとる食物繊維量に変化はなく、穀物や豆類からの摂取が極端に減少しているというデータも。もち麦から食物繊維をとれば、その不足分を補えます。もち麦p030-1.jpg

 

【食べ方2】ゆでもち麦は1食につき大さじ4~5を目安に

サラダやスープでもち麦を取り入れるなら、ゆでもち麦のほうが扱いやすいです。ゆでもち麦の場合は、1食につき大さじ4~5を目安に。ゆでもち麦だけで、約1.9~2.4gの食物繊維を摂取する計算で、ほぼ5割炊きもち麦ごはんお茶碗1杯分の3分の2に当たります。

5割炊きもち麦ごはんのほうが、一度にたくさんの食物繊維がとれますが、食べやすさを重視。足りない分、ゆでもち麦の量を増やす必要はありません。食物繊維が含まれる割合が高いので、ちょっとずつとっていくだけでも食物繊維は十分働いてくれます。もち麦p031-1.jpg

もち麦と一緒にとると腸内環境にいい食材は?

もち麦とともに、腸内を整える最強タッグはこの食材です!

●ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌の代表格。もち麦のβ-グルカンをエサにして増えて、腸内を整えます。もち麦p031-2.jpg

 

●良質なオイル
亜麻仁油などの「オメガ3脂肪酸」は、美容やダイエットにも必要な必須脂肪酸。酸化しやすいので加熱せずにサラダなどに加えましょう。もち麦p031-3.jpg

 

●発酵食品
漬けものやキムチ、みそなどの発酵食品には、腸まで届きやすい植物性乳酸菌が含まれます。もち麦をエサにして増え、善玉菌が優勢に。腸内環境改善の最強タッグになります。もち麦p031-4.jpg

 

●タンパク質を含む食品
もち麦はおもに炭水化物を多く含むので、たんぱく質と積極的に合わせましょう。魚や卵、大豆製品など低脂質のたんぱく質がおすすめです。もち麦p031-5.jpg

 

次の記事「上手にもち麦を食べるための「炊き方・ゆで方・保存法」/もち麦ダイエット(6)」はこちら。

 

小林 弘幸 (こばやし・ひろゆき)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年埼玉県生まれ。87年順天堂大学医学部卒業、92年同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師、助教授を歴任する。

自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。また、日本で初めて便秘外来を開設した「腸のスペシャリスト」でもある。『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』(KADOKAWA)をはじめ著書多数、また『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBSテレビ)などのメディアにも数多く出演している。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット

(小林 弘幸/KADOKAWA)

巷にあふれる様々なダイエット法。あなたも色々なダイエット法を試したことがあるのではないでしょうか?ただ、どのダイエットも「長期間」続けなければ、なかなか効果が表れず、結局挫折してリバウンド……という経験を持つ人も少なくないはず。本書では、テレビなどにも出演している「自律神経の第一人者」である著者が、メディアでも大注目の「もち麦」のダイエット効果についてわかりやすく解説します。レシピはもちろん、もち麦の選び方・買い方・食べるタイミングまで、もち麦ダイエットのイロハがわかる「もち麦ダイエット」を始める人にぴったりの一冊。

この記事は『2週間で体が変わる「もち麦」ダイエット』からの抜粋です
PAGE TOP