30~50歳代は約8割!女性のほうが罹患率の高い「歯周病」の怖さ

「日本人の約8割は歯周病」という衝撃の調査結果をご存じでしょうか?その原因は「だ液が足りない」こと。だ液が減少すると、歯周病や虫歯だけでなく、生活習慣病やがんといった重大な病気のリスクも増大するといわれています。豊富にだ液を分泌させるためには「ベロを鍛えることが大切」という歯科医師・坂本紗有見さんの著書『歯周病、口臭、むし歯を防ぐ 1分間「殺菌ベロ回し」』(アスコム)から、その理由とベロを鍛え方について連載形式でお届けします。

pixta_45179139_S.jpg

だ液不足がもたらす「歯周病」の恐怖

だ液は「美口」を保つための大きなカギを握っています。

天然の殺菌作用を持ち、善玉菌を残して悪玉菌だけをやっつける働きを持つだ液は、口内環境を守るために不可欠なものです。

ところが、ベロが十分に使えていないなどの理由により、だ液の分泌量が不足すると、口内環境は徐々に乱れていき、トラブルの原因となります。

現在、日本人のおよそ8割を悩ませている歯周病もそのひとつ。

歯周病は歯を失うリスクだけでなく、さまざまな病気のもとになることをご存知でしょうか?

そもそも歯周病とは何かというと、これは細菌の感染によって起きる炎症性疾患です。

口のなかにはもともと500~700種類の細菌が常在しており、歯磨きが十分ではなかったり、糖分を過剰に摂取したりすることで発生するプラーク(歯垢)には、1ミリグラム中に10億もの細菌が含まれています。

このプラークが歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」に入り込むと、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉が炎症を起こす原因になります。

これが歯周病の始まりです。

初期の歯周病になったとしても、歯科医院へ定期的に通ってケアすれば問題ないのですが、もしもそのまま放置してしまい、症状が進行すると、歯周ポケットはどんどん深く広くなってしまいます。

そして「歯槽骨」と呼ばれる歯を支える土台の部分が溶け始め、歯がぐらぐらと不安定な状態に陥ります。

さらに症状が悪化すると、歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません。

厚生労働省の調査によれば、「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数は3 3 1 万5 0 0 0 人で、そのうち男性が1 3 7 万3 0 0 0 人、女性が194万2000人と、女性のほうが罹患率が高いことがわかっています(平成26年度調査)。

また、年代別の有病率では、20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、そして60歳代は約9割と、年齢を重ねるごとにそのリスクは増していることがわかります。

日頃から歯周病予防に努めることの大切さが、よくわかるデータと言えるでしょう。

084-003-085.jpg

なお、日本臨床歯周病学会によれば、歯周病を進行させる原因には次のような行為があります。

1.歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
2.不適合な冠や義歯
3.不規則な食習慣
4.喫煙
5.ストレス
6.全身疾患(糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常)
7.薬の長期服用

歯周病の何よりおそろしいところは、自覚症状が少なく、症状が静かに進行していく点です。

とくに初期の歯肉炎の段階では、痛みもほとんどないため、気づいたときには重度の症状に進行しているケースが多々見られます。

歯周病が時に、メタボリックシンドロームやペリオドンタルシンドロームのような「サイレント・ディジーズ(静かな病気)」と呼ばれるのはそのためです。

まずは、日々のケアを怠らず、ベロ回し体操で口内環境を整え、万病のもとである歯周病やむし歯の予防に努めましょう。

歯周病、口臭、むし歯が防げる『殺菌ベロ回し』記事リストはこちら!

084-H1-beromawashi.jpg口内フローラと病気の関係に詳しい歯科医師・坂本紗有見さんがさまざまな病気を防ぐベロの鍛え方「殺菌ベロ回し」について教えてくれます

 

坂本紗有見(さかもと・さゆみ)

東京歯科大学卒業。銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長。口の中の菌叢(口内フローラ)と病気の関係を研究し「殺菌ベロ回し」を開発した。歯周病を予防する矯正歯科治療にも力を入れている。クリニックでは、最新の検査機器や国内外のサプリを導入するなど、常に新しい医療を提供している。また、家庭では3児の母であり、3世代で同居している。日本美口協会代表理事、日本アンチエイジング歯科学会常任理事。日本成人矯正歯科学会常務理事、日本矯正歯科学会認定医、日本歯周病学会会員、日本歯科審美学会会員、歯を削らない歯学会会員。

shoei.jpg

『歯周病、口臭、むし歯を防ぐ 1分間「殺菌ベロ回し」』

(坂本紗有見/アスコム)

日本人には「だ液」が足りていません。まん延する日々のストレスや高齢化による口の衰えにより、だ液はどんどん出にくくなっています。「殺菌パワー」があるだ液がドバドバ出るようになる「殺菌ベロ回し」で、健康に長生きしませんか?

※この記事は『歯周病、口臭、むし歯を防ぐ 1分間「殺菌ベロ回し」』(坂本紗有見/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP