「夫婦でほろ酔い」ができなくなるのか...。がんの治療を始める妻との夕食/僕のコーチはがんの妻(9)

夫婦で穏やかな老後を過ごすと疑わなかった...。50代の夫婦を突然襲った「妻のがん」。子供のいない2人暮らし、家事のできない夫に、がんの妻が「鬼コーチ」と化して料理特訓を始めて...。前回の連載が反響を呼んだ藤井満さんの著書『僕のコーチはがんの妻』(KADOKAWA)より、笑って泣ける「愛の実話」を、さらに第4章の途中(全6章)まで抜粋してお届けします。

pixta_14802428_S.jpg

前回のエピソード:後から「幸せだった」と思うんだろうな...。がんの妻と過ごす時間/僕のコーチはがんの妻(8)

完治信じて治験へ。野菜たっぷり「土鍋蒸し」伝授

2月半ば、大阪国際がんセンターの腫瘍皮膚科で治療方針を聞いた。

肝臓への明確な転移は2カ所だが、その周囲にも病変が見られるため、手術などはできないという。

薬は、分子標的薬と免疫チェックポイント阻害薬の2種類がある。

分子標的薬は6割の人に効くが効力が長続きしない。

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬は効く割合は低いが、一度効くと長く持続する。

進行が早いから分子標的薬をまず使うのが一般的だが、効かなくなったとき、どの段階でオプジーボに切りかえるのかがむずかしい。

もうひとつの選択肢は、分子標的薬と免疫チェックポイント阻害薬を併用する臨床試験(治験)への参加だ。

併用することで即効性と持続性の両立が期待できる。

ただ、治験に参加しても、両方を使うグループと分子標的薬だけを使うグループにランダムに振り分けられるため、半分は新しい治療を試せない。

完治の確率を少しでも高めるため、迷わず治験を選んだ。

診察後、看護師さんが待合室に出てきて、相談にのってくれた。

「お酒はやめた方がいいですか」と妻がたずねると、

「治療がはじまったらやめた方がいいかも」

妻は日本酒が好きだが飲めなくても問題はない。

でも僕にとっては、手料理を食べながら、おいしい酒でほろ酔い気分を共有するのが幸せな時間だった。

それがなくなると思うと、たまらない。

「あんたが飲めないわけじゃないのに、なに泣きそうな顔してるんや」

妻は笑った。

その翌日だったろうか、「私が入院したとき、野菜を簡単にたっぷり取れるメニューを教えたるわ」と土鍋で蒸し野菜をつくることになった。

「火が通りにくいかぶやじゃがいも、たまねぎを下に敷く。すぐに火が通るトマトやパプリカは後から加える。コツはそれだけや」

鶏肉の処理がめんどうなら、ソーセージやベーコンでもよいという。

ソースは、ヨーグルトの割合を増やすとさっぱりして野菜の味がよくわかる。

オリーブオイルを加えるとワインのつまみにぴったりになった。

bokuno_009_063a.jpg

日本酒に合うおかずをつくるのが得意だったが、たまに独創的すぎる料理もあった=2010年

食後、ワインを飲みながら、「日々を大事に生きようね」と僕が言うと妻はうつむいた。

「日々を大事にとか意識すると、死の準備をしているようでいやや」

「それより生きるための細々したことをしたい。タケコが腹巻き付きのパンツを送ってくれて、そうだっ、日々の生活が大事なんだって気づいた。肌ざわりのよい下着を買ったり、かわいいものをそろえたりしたい。そういうことで気がまぎれるのが女の強さや」

タケコとは愛媛で市議会議員(当時)をしている友人だ。

「今は坂の途中や。治療をちゃっちゃとはじめることだけを考える。患者会とかはある程度落ち着いてからでいい。どこかで落ち着けるってのは、楽観的すぎるかもしれないけど」

妻は自分に言い聞かせるように語った。

【次のエピソード】街を歩くだけで、あふれる涙...。救いを求めて訪ねた「哲学外来」/僕のコーチはがんの妻(10)

【まとめ読み】「僕のコーチはがんの妻」記事リスト

イラスト/藤井玲子

coach.jpg

6章に渡って綴られる「家族の愛の実話」。巻末には著者に妻が教えてくれた「23のレシピ集」も収録

 

藤井満(ふじい・みつる)
1966年、東京都葛飾区生まれ。1990年朝日新聞に入社。静岡・愛媛・京都・大阪・島根・石川・和歌山・富山に勤務し、2020年1月に退社。著書に『北陸の海辺自転車紀行』(2016年、あっぷる出版社)、『能登の里人ものがたり』(2015年、アットワークス)、『石鎚を守った男』(2006年、創風社出版)など。

藤井玲子(ふじい・れいこ)
1967年、兵庫県生まれ。商社OL時代にマウスを使った落書きを覚える。1999年に藤井満と結婚し、退職後、落書きをのせるホームページ「週刊レイザル新聞」を創刊。2018年永眠。

coach001.jpg

『僕のコーチはがんの妻』

(藤井満/KADOKAWA)

50代夫婦、子どものいない2人暮らし。妻が末期がんになったら、家事も料理もできない夫はどう生きればよいのか? 妻がメラノーマ(悪性黒色腫)というがんであると診断されたのをきっかけに、著者は夫婦2人で料理を猛特訓。それは、妻からの最後の贈り物でした。朝日新聞デジタルの連載で33万人が感動した、大切な人と読みたい家族の愛の実話です。

※この記事は『僕のコーチはがんの妻』(藤井満/KADOKAWA) からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP