涙を流して聞いてくれる人がいる...。講師として語った「がんと向き合った1年」/続・僕は、死なない。(29)

「50歳での末期がん宣告」から奇跡の生還を遂げた、刀根健さん。その壮絶な体験がつづられた『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)の連載配信が大きな反響を呼んだため、その続編の配信が決定しました! 末期がんから回復を果たす一方、治療で貯金を使い果たした刀根さんに、今度は「会社からの突然の退職勧告」などの厳しい試練が...。人生を巡る新たな「魂の物語」をお届けします。

ぼくしな29.jpg

奇跡のような1年

翌朝、早朝に起床して、みんなで草原まで散歩に出かけた。

「時空の杜」の敷地を抜け、気持ちよく流れている小川の横を通り、森を抜けると、目の前に広々とした草原が広がった。

「ここは冬場はスキー場になってるんですよ」

中澤さんの言葉に周囲を見ると、スキーリフトが遠くに目に入った。

「夏場はモウちゃんの牧草地です。今の季節はいないですけど」

みんなで広々とした傾斜を上る。

まだまだ体調が万全でないのか、すぐに息が切れた。

やっぱり坂道はキツいな。

スキーリフトを越えると、その向こうにさらに雄大な山々が連なっていた。

あ~、なんて気持ちがいいんだろう~。

僕は広々とし、清浄な空気を胸いっぱいに吸い込んだ。

草原の朝露が、まるで宝石をちりばめたようにキラキラと輝いていた。

『時空の杜』に帰ると、ワークスペースにみんなが集まってきた。

いよいよ僕のがんからの生還を話す番だ。

参加者のみんなは、僕がどういうことで講師として呼ばれているのか、よく理解していない人がほとんどのように感じた。

断食がしたい人、河野さんのワークを体験したい人、それがメインの人たちだった。

僕は何も考えずに話し始めた。

「今から約2年前の9月1日、僕は肺がんのステージ4を宣告されました...」

みんなの目が、いっせいに変わった。

そんな人だったんだ、とその目が語っているように僕には感じた。

「ネットで調べると、肺がんのステージ4の1年生存率は30%、5年生存率は10%以下です。今、僕の身体にがんはほとんどありません」

「おお~」

誰ともない声が聞こえた。

僕の口から自然に、僕が体験した様々な出来事がこぼれだした。

最初の大学病院のドクターから言われたこと。

「肺がんは、がんの中でも難しいがんなんです」

「残念ながら、刀根さんには特定の遺伝子は見つかりませんでした」

「抗がん剤しか、やりようがありません」

「その抗がん剤は効く可能性は40%です。やってみないと分かりません」

「仮にそのお薬が効いたとしても、必ずがん細胞は耐性を持ち、効かなくなります」

「そうしたら、また別の抗がん剤に変えます。それが効く可能性も40%です。やってみないと分かりません...」

僕はあのとき、いのちの選択に迫られていた。

しかし、目の前に示されていた道は抗がん剤が効かなくなって死ぬか、抗がん剤の副作用で死ぬか、どっちかのように感じた。

大学病院から提案された治験も"人体実験"のように感じて断った。

まあ、本当は治験の担当医師が妻を泣かしたから、腹が立っただけなんだけれど。

僕はその大学病院の治療を断った。

今から考えると、ずいぶんと思い切ったことをしたものだ。

抗がん剤がキツくなって途中で止める人はいるけれど、最初っからやらないという人は珍しいらしい。

僕は大学病院の治療を断り、自分でがんを消すべく、徹底的に本やネットで調べまくった。

本は30冊以上読んだだろう。

そして本を書いた先生の所属するクリニックへもたくさん足を運び、直接話を聞きまくった。

サプリもたくさん買った。

生活習慣も変えた。

食事は妻が徹底的にやってくれた。

毎日の野菜ジュース、野菜を中心とした食事、肉類や乳製品を止め、グルテンフリーのメニューや食事など、本当に妻は頑張ってくれた。

妻にあの頃を聞くと、「もう、ただただ必死だった...」と言っていた。

それにもかかわらず、だんだんと悪くなっていく体調...。

僕の話に聞き入っている人たちの、息づかいが聞こえる。

喉が痛み出し、痰が出始め、それに血が混じり始めたのが12月頃。

胸の中がいつもチクチク、ズキズキと痛み出したのも、同じ頃。

年が明けて17年になると、首の横のリンパが腫れてきて、声が全く出なくなったこと。

1月末頃には、股関節と座骨が痛み出し、立っても痛い、座っても痛いと言う状態になってきたこと。

3月には100メートル歩くと息が切れ、4月に入ると階段も上れなくなってエスカレーターを探すようになったこと。

表面上は「僕は治ります」といつも強気でポジティブに意識を持っていっていたけれど、ふと気づくと「3ヶ月後に生きている自分」が想像できなかったこと。

ぐらぐら揺れ動く自分の心を見つめると、「自分は強い」と思っていたのは幻想で、本当の僕はとっても弱く、情けないやつだったということ。

雪崩のように、僕の口から当時のことが流れ出していた。

そして5月に入って、右目が見えなくなってきたこと。

同じ頃、自分の名前も書けなくなり、ひらがなも忘れてしまったこと。

そしてついに、東大病院のドクターに、「問題なのは脳転移です。かなり大きな腫瘍が考えられます。このままだと、最悪来週にでも、呼吸が止まる可能性があります」と、言われてしまったこと...。

聞いていたみんなの息が止まった気がした。

そう、そこで僕に起こったことは...。

絶望じゃなくて、解放だった。

暗くて狭い圧力釜から、広々とした何もない青空の下に解き放たれたように、僕は感じた。

それは、とてつもなく、気持ちが良かった。

それは、とてつもない、解放だった。

それは、僕の"自我・エゴ"の完全なるKO負けだった。

自分で治す。

自分が治す。

自分の考えで。

自分のやり方で。

自分が。

自分が。

自分で。

自分で。

自分。

自分。

自分。

自分。

そう、この"自分"が、目の前の状況に粉々に打ち砕かれた瞬間だった。

しかし、自分が打ち砕かれ、消え去っても...。

僕は...。

そこにいた。

いや、そこにいたのは"僕"ではなく、もしかすると"大いなる存在"と一体となった僕だったかもしれない。

そのとき"僕"はいなかった。

そこにはただひたすら、気持ちのいい、爽快な空間が広がっていた。

そのあと、まるで時間割が決まっていたかのように様々な出来事、人たちが僕の前にやってきた。

翌日、20年以上ぶりに会ったフジコさんは言った。

「刀根くん、これはね、自分で決めて、自分で起こしていることなのよ」

その言葉で、僕はこの出来事が僕の「魂の計画」であることを理解した。

その翌日、両親と会った。

そこで、僕が子供の頃から深い心の中にしまい込んで見ないようにしていた"悲しみ"を父に吐き出した。

その"悲しみ"は僕が心の中で勝手に育て、作り出したもので、その"悲しみ"がエネルギーの滞りとなって「肺」に溜まり、がんという病気を作ったのだと、僕は思っている。

その"悲しみ"を全て父にさらけ出し、吐き出した。

父は一言も反論せずに、全てを受け止めて言った。

「どれだけ...どれだけ健の身代わりになりたいと思ったことか...」

僕はみんなの前で話しながら、思わず涙を流してしまった。

あのときの父の姿を思い出すと、今でも涙が出てしまう。

僕は最初から愛されていた。

あの体験は、それを気づかせてくれた。

そして過去生が見える友人との出会い、河野さんとの出会い...。

全てが導かれるように僕の前に流れてきた。

僕はその流れに乗って流されているだけだった。

入院してからの、まるでリゾートの旅行に行っているような、気分のいい快適な日々...。

そして、希少な遺伝子が適合率100%で見つかり、適合する薬も目の前にやって来て...。

退院してから河野さんの案内で素晴らしい南伊勢を巡り、帰ってきCTを撮ってみたら、がんはほとんど消えていた...。

自分で話していて、本当に嘘みたいな本当の話だと思った。

これがまだ、たった1年前の出来事だった。

僕の話を聞いて、泣いている人もいた。

特に、父とのやりとりは、みんなそれぞれが自分の親との関係の中で、何か同じように癒やされていない部分があるように感じた。

僕のこの体験が、そういう部分の癒やしや気づきに少しでも役に立つのであれば、こんなに嬉しいことはない。

僕の話のあと、参加者の1人が話しかけてきた。

「すごく感動しました。本当にありがとうございました」

僕は思った。

僕もがんになって良かったというものだ。

【次回のエピソード】「今回の出版は...なしにしましょう」僕の携帯に届いた一通のメール

【最初から読む】:「肺がんです。ステージ4の」50歳の僕への...あまりに生々しい「宣告」/僕は、死なない。(1)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト
shoei001.jpg

50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこととして当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP