魔女の一撃が来るぞ!ついに予知能力が身についた長年のぎっくり腰持ち

毎日34仕上げ--.jpg

こんにちは、中島めめです。
今回は「ぎっくり腰になった時」のお話です。

前回のエピソード:なぜ「鏡開き」っていうの?調べたので伝統にのっとってみることに

私が初めてぎっくり腰になったのは、はっきり覚えてはいないのですがまだ学生の頃に家で年末の大掃除をしていて何か荷物を持ち上げようとしてグキッとなったのが最初だったと思います。

えっ何!?とあわてて体を起こそうとしたらたまらなく痛くて、腰を曲げたままヨタヨタと家族にSOSを伝えに行ったような気がします。

それ以来何年かに一度、必ず冬なのですがぎっくり腰になってしまい、40歳を越えたあたりから程度の差はありますが毎年のように悩まされるようになりました。

普段は腰が痛くなる事はあまりないのですが、一旦グキッとくるともう激痛でひどい時は1週間くらい腰を曲げた状態で過ごすくらいです。

ある年、大晦日の夜に盛大にグキッとやってしまい翌年のお正月は初詣にも行けず家にこもりきりだった事もありました。その時は実家にいたので母のおせちや煮物が食べられて助かりましたが、腰をかなり曲げていないと痛かったのでほとんど90度のお辞儀状態で家の中を動き回っていました。

何日か経って自宅に戻る時に、父が私に「ん?お前腰をどうかしたのか?」と言ったのでびっくりしてしまいました。それまで散々私は父の目の前でお辞儀状態のままぎっくり腰について文句を言いまくっていたのに、何も聞いてなかったの!?と耳を疑いましたが、父はそういう計り知れないところがあるのであきらめてお礼を言って自宅に帰りました。

関連エピソード:ロボ疑惑すらあった無口な父。孫が生まれて見せた意外な一面

それでも家にいる時になるのはまだいいのですが、一度パート先でなってしまった事があって、その時は本当に焦りました。

飲食店で、朝掃除機をかけている時に何かの拍子でグキッとなってしまい、その場でひっくり返ってしまったのです。そのひっくり返った状態から元に戻る時にまるでコガネムシのようにジタバタともがいてしまい、この姿を誰かに見られたらどうしようと顔が真っ赤になるほど恥ずかしかったです。(たまたま誰にも見られていなくてほっとしましたが)

その時は、軽く腰を曲げた状態かしゃがむ動きなら出来たので、注文を受ける時はもともとしゃがむので大丈夫だったし、謎の前傾状態でしたが洗い物などをこなし、なんとか乗り切る事が出来ました。

このぎっくり腰、外国では「魔女の一撃」とも呼ばれているそうです。上手いこと言うなあと思いました。

不意をつかれてガーンと来る感じがよく伝わってきます。

毎年冬になるとこの一撃に見舞われないよう用心して過ごしているせいか、最近は派手にグキッとやる事が少なくなってきました。物を持って立ち上がろうとする時など、魔女が後ろで振りかぶっているのを寸前で察知して、咄嗟に一拍置いたお陰で軽いギックリ腰で済んだことも(結局なってはいるのですが症状が重いのと軽いのでは全然違うので)。

とは言ってもその予知能力(?)をあてにして日頃の運動不足をそのままにしていると体にもよくないと思うので、最近は駅のエスカレーターは使わず階段を上る、歩いて行ける場所には車や自転車を使わず歩いて出かけるという事を実践しています。歩いて買い物に行き、ついたくさん買ってしまって帰り道で後悔する事もありますが、普段スポーツもやらないので日常の中でできるだけ体を動かしていきたいと思っています。

 

次の記事「ウイルスに感染しています!?PCにあらわれた文字に大慌て/中島めめ」はこちら。

他の回も必読!中島めめさんの連載一覧はこちら

 

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

中島めめさんのブログ:たくあんムスメたち。


50life_cover-obi.jpg

たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP