LINEがまるで脅迫文!?母がスマホに変えたなら/中島めめ

毎日13ラフ仕上げ-- - コピー.jpg

こんにちは。中島めめです。

今回は「母VSスマホ」のお話(前後編)の前編を書きたいと思います。

前回のエピソード:たとえ茶番劇でも!父とバレンタインの思い出

母は今までずっといわゆる「ガラケー」を使っていたのですが、料金プランがガラケーにしては高いし、スマホならネットも見られてLINEもできるからという事で、今回初めてスマホに買いかえる事にしたのでした。

でも、今まで使っていた携帯は簡単に操作ができるタイプのものだったので、母にも何とか使えていたのですが、急にスマホになったので訳がわからなくなったらしく、私の妹に助けを求めてなんとか使いだしました。

ところが、母がひとりの時にスマホをわからないままいろいろいじっていたら、電話帳に登録していた人たちのデータを全部消してしまったそうなのです。母はとんでもなく気が短いのでそれで「もうアカン!」となって、お店に駆け込んでもうこれ訳わかんないから返します!と言い放ったのでした。

お店の人は、購入して8日以内なので解約できますよ、と言ってくれたのですが、その場でデータを復元してもらえて、ホッとして「やっぱり使います!」と言って帰ってきたそうです。何かわからない事があるとすぐ返す!なんていうお客さんお店の人からしたら迷惑だよ...と思ったのですがもう8日過ぎたので観念したようです。お店の人のためにもよかったと思いました。

そして妹にLINEのアプリを入れてもらってどうにかやり取りするようになったのですが、慣れていないせいか全部ひらがなでなんだか脅迫状のような文面なのです。でも母が初めて携帯でメールを送ってくれた時もそんな感じだったので、慣れれば普通になってくるかな、と思っていたのですが、どうも母によるとLINEで文章を入力する時に指が太いせいでどこを押しているのかわからない、という状況なのでした。

それで、100均でタッチペンを買って使ってみたところとても調子がいいようです。メールの文面にあまり変化はありませんが...

次回は母がスマホに入れたアプリと格闘する様子を書いていきたいと思います。

次の記事はこちら:母のスマホに起きる怪奇現象!?LINEのアイコンが増え続ける謎

関連記事:料金はいくら?手続きは?スマートフォンをどう選ぶ?/スマホの始め方(1)

中島めめ

ライブドア公式トップブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP