知らなくて苦しんだ認知症初期──学び始めた介護の知識がそれを少しずつ解消して/タオ

施設に母がお世話になることになり、介護の事を少しでも知りたいと介護士の資格を取得したタオと申します。

前回の記事:子育て期間を思い出した?子どもを見た施設入居者さんの変化に涙

16.1.jpg16.2.jpg16.3.jpg16.4.jpg16.5.jpg
私が思っていた「認知症」は
「会話が理解できていない」「幻覚が見える」など
のんびりしたイメージでしたが

母はイライラして落ち着きがない不穏な状態や、オロオロして興奮する事が多くあり
私は依然とは別人のような母の対応に困り戸惑ってばかりの日々でした。

今なら
「食べ方が分からなくなって怒っているのかもしれない」
「使い方が分からなくなったけど上手く言えないのかもしれない」
と気を取り直して対応できますが
当時は頭では「病気のせいだろう」と分かっていても
以前と違う態度を受け止めるのは大変な事でした。

16.7.jpg16.8.jpg
関連記事:辛さを知っているからこその強さ。ヘルパー講習でもらえた、前向きになれる力/タオ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

タオ

北関東在住、母ひとり子ひとりで人生を適当に過ごしていたら、母親が若年性認知症になり生活が一変して四苦八苦することに。介護へのイメージが一変する出来事や、当時教えて欲しかったなと思う事を描いています。

タオさんのブログ:育児と介護漫画のタオブログ

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP