条件付きで歩行器をお試ししてみることに。だけどまた一波乱ありそうな予感が.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った

ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに

今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】義父と歩行器をめぐる議論は堂々巡り。そんなとき義母から「鶴の一声」が!/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

1.jpg

義父の歩行器利用の是非を言い争っている最中いきなり発せられた義母の「やめときな!!」

それは果たして義父に対してでしょうか?

それとも歩行器を反対する私たちに対してでしょうか?

2.jpg

...どうやら、義父を止めに入ろうとしたみたいです。

普段は穏やかで、声を発することも少なく、今では不穏にならなければ一日うつらうつらしていることがほとんどの義母。

その上、大正、昭和を生きてきた義母。

義父に面と向かって歯向かう場面を見たことがありません。

それが義父に意見し始めたんですもの。

義父も私もびっくりです。

私としては義母の思いがけない反論がおかしくって「もっとやれやれ~」と言いたいところですが、義父にとって『妻の反乱』は火に油。

いよいよ引っ込みがつかなくなっちゃったようで、だんだんめんどくさい方向にこじれてしまいました。

...こりゃ、埒があきそうもありません。

3.jpg

もちろん本意ではありませんが

4.jpg

歩行器のレンタルをおーさんにお願いすることにした次第です。

5.jpg

『その人らしい生き方を尊重する』ことは介護する上でとても大切なことと後に受けた講習で勉強しましたが、実際、寄り添う側にとって簡単な話ではありません。

これは義父母を介護する間、たびたび感じることでした。

程なくして義父待望の『歩行器』が我が家に到着。

6.jpg

それと同時に

7.jpg

当初の不安は見事的中。

この『歩行器』をめぐり様々な波乱が巻き起こることとなるのでした。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP