人工呼吸器に繋がれた姑。最終決断を委ねられた舅と夫はその時.../かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。私の嫁時代の体験を思い出しながら書いています。

前回の記事:「心臓が止まりました。すぐ来てください!」姑の入院からそれはあまりに突然で.../かづ

pixta_40261156_S.jpg

姑が入院している病院から「すぐに来るように」と連絡を受けて駆けつけると、人工呼吸器に繋がれている姑の姿があった。

看護師さんに夫もこちらに向かっている途中だと言うと、担当医から「息子さんが到着してから説明します」と言われる。

子ども達は畳が4畳くらいある休憩室を使わせてもらえる事になり、そこで病院の待合いにあった漫画を持ち込んで待たせる事にした。

程無くして夫も到着し、夫と舅が揃ったところで再び看護師さんが担当医を呼びに行き説明を受ける事になった。

「とりあえず甦生して呼吸器を着けていますが、心臓も弱っていますし、このまま呼吸器だけで持たせている状態です。意識が戻る事も有りませんし、戻っても誰も何も解らないままです。心肺停止の時のご相談を、ご家族とはしていませんでしたので、こちらで甦生処置はさせて頂きましたが、今後はどうするおつもりでしょうか? 呼吸器を取り外しますと、5分くらいもせずにお亡くなりになります。もしそうされるのでしたら、最後のお別れをさせてあげられる方へ、ご連絡なさって下さい」

担当医は『家族の方=血縁者』として、夫と舅に聞いている。

けれども、夫と舅は二人して「かづはどない思う? かづやったら、どないする?」と、医者の前で聞く。

「私は血縁者や無いんで、発言権なんか無いんやないの?」

舅「いや、参考として聞きたいんや」

夫「かづやったら、どないするかを聞いて、参考にさせて貰いたいんや」

本当に、親子揃って...

「私の親やったら、寝たきりでも意識が無くても、一分一秒長生きして欲しいと思う! 触って温かみを感じるだけで、まだまだ長生きして貰いたいと思うと思う。私は世話もするし、話し掛けもする。あんたにしてもジイチャンにしても、バアチャンに長生きして貰いたいと思うかどうかやないの? 当然、世話もせなあかん様になるんやけどね!!」

夫と舅は、口々に

「オヤジはどうするんや!」

「お前はどない思っとるねん!」

「オヤジの嫁さんやろ!」

「お前の母親でもあるやないか!」

と、お互いがお互いに決定権を相手に委ねようとしていた。

夫も舅も、私に聞けば

「そんなん、長生きなんてさせて、一体誰が面倒なんか看るん? 誰も面倒なんか看たないんやから、この際死んで貰ったらエエやないの!」

と言うとでも思ったんだろう。

ここで私が「長生き出来るもんなら、それはそれでエエやないの。病院には、私が通うから!」とでも言えば「そしたら、そないして貰おうか」になっていただろう。

ところが、長生きさせるなら、それなりに自分たちも世話をするんだ、病院にも通うんだと言われたようなものだったので困った訳だ。

夫にしても舅にしても、どちらかに「そしたら、しょうがないな...諦めよう」と、最終決断をさせようとの、腹の探り合いと擦り付け合いだ。

担当医が「あの...、私は詰め所に居ますので...」と、病室を出て行った。

出て行った途端、私は言った。

「あのさぁ、あんたからしたら母親で、今まで大事に大事に育てて貰った訳やろ? 夜中でも呼び付けてかばって貰うわ、何やったって息子は悪くないってかばって貰って。ジイチャンもや! 長年一緒に生きて来た夫婦や無いの? 生かせたろうと死なせたろうと、そんな事どうでもエエほど無関心な訳?」

「そしたら、僕は面倒看るのは無理やから、終わりにしてやろうか」

即答したのは舅だった。

それに対して夫が

「オヤジ、それでエエねんな? ホンマにエエねんな?」と、確認していた。

お前はどっちなんだよ!

二人を見て思った。

その後、夫が担当医に話をした。

担当医は

「呼吸器は抜くだけですから直ぐ出来ます。抜いたら数分で心臓も停止しますから、今の内にお別れしたい方にご連絡なさって下さい。」

と言った。

親戚への連絡は、舅側には夫が、姑側には私がする事になった。

【次のエピソード】「最後のお別れに来てください」姑の親族に呼びかけるも「今際の際に誰も来ない!?」/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

人気記事:義母の言いなり!我が子を見に来ない夫が勝手に決めた戦慄の引っ越し先/かづ
人気記事:「恥ずかしい嫁を貰ったもんだ」義母からの罵声電話が止まらない!/かづ
人気記事:「祝いが欲しくて電話してきたんか!」孫誕生の知らせも義母にガチャ切りされて/かづ
人気記事:「金ならたんまりあるから面倒はかけん!」そう豪語していた姑の実際の貯金額は.../かづ
人気記事:「誰の親の世話してると思ってんねん!」夫に姑の食事介助を頼んだら酷すぎる有り様で.../かづ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

咄嗟の判断がいつも的確で理路整然として抜かりが無い。私なんて言葉につまり、黙ってしまう 後からああ言えばよかったこうも言いたかったと悔し涙。かづさんがそうなのは、まっとうだからそしてぶれることはないから。夫さんを唯一褒めたいことはかづさんを妻にしたということ。まだ先があるなら かづさんのそばにいて成長していく姿を期待したい
問題を解決する力を自分の嫁、あるいは自分の母に握り潰されてここまできた舅とかづさんの夫に同情の気持ちが全く湧きません。 いい大人が責任の擦り合いはみにくい。 姑は好き放題言いたい放題やりたい放題周りを見下し嫁を蔑み、後は人工呼吸器外してハイ、サヨナラである意味、幸せだったんですね。 それにしても、この姑、ここまで異常なのは、過去に何があったんでしょうか?親兄弟と何かあってあんな根性悪くなったんでしょうか? まぁ、胸糞悪くなるから別に知りたくないですけどね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP