「金ならたんまりあるから面倒はかけん!」そう豪語していた姑の実際の貯金額は.../かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。私の嫁時代の体験を思い出しながら書いています。

前回の記事:認知症らしき症状が出ている姑をどうすれば...。「まるで他人事」な夫と舅にブチッ!/かづ

pixta_27353237_S.jpg

面倒がる舅と夫をなんとか説得して、認知症らしき症状が出ている姑を病院に連れてきた。

病院に着くと、舅は玄関入ってすぐの長椅子にチョコンと座り

「僕、ココで待っとくから」

と言って雑誌を手に取った。

「お義父さん、私、ココで帰ってもいいんですが??」

と言うと渋々着いて来た。

車を駐車場に停めた夫が来たので、姑の横に一緒に座っていて貰った。

受付で問診表を書き、姑の座っている方を向くと、姑が居ない。

「お義母さんは!?」

夫が舅の方を向いて言った。

「オヤジが見とかなアカンやろ!!」

舅は舅で

「エッ?僕、見とけって言われてたか??」

と言う。

親子揃って、のん気に新聞を広げて読んでいたのだ。

姑はトイレに行きたかったらしく、さりとて場所が分からなかった様で、ウロウロしていた。

椅子に座らせた姑に、両脇の夫と舅が怒鳴っていた。

「勝手にウロウロしたらアカンやないか!!」

私はボソ~ッと言ってやった。

「勝手にウロウロするから病院に来とんねんやん。その勝手にウロウロする奴の横で、新聞広げて我関せずで読みふけっとる方が変なんやん。私が書くもん書いとるのに、なんであんたら親子揃ってくつろいでるねん」

診察の順番が来てナースから呼ばれた。

「○○さ~ん」

当然私は椅子から立って姑も立たせた。

夫も舅も一緒に立つ。

ところが診察室に向かおうとすると、歩く方向が違う。

「どこ行くん!!」

夫「トイレに...、ずっと我慢しとったんで...」

舅「新聞見たから、週刊誌取りに...」

「ホンマに、私ココで帰るで!!」

舅は渋々着いて来て、夫は急いでトイレを済ませた。

あのまま私だけを、姑と一緒に診察室に入らせる気だったのだろう。

医者の指示でCTを撮った結果、脳の頭頂部から既に3分の1が萎縮しているとの事だった。

現時点では「縞状健忘」で、いわゆる俗に言う「まだら認知症」だった。

ハッキリ解っている部分も有れば、全く解らない部分も有る。

そして、次第に何もかも解らなくなってしまうと言う事だった。

けれども、私と夫は内心、気が楽な部分が有った。

なぜなら、姑が常日頃言っていた

「お父ちゃんの退職金は、少なくとも6千万円はある。預貯金や株券だけでも3千万円ある。年金額は、お父ちゃんだけで1ヶ月27万円貰える。と、言う事は、あんたに何一つ面倒見て貰う事なんか無いんやから」

と言う部分だ。

介護にはお金が掛かる。

実際、姑が認知症になって、今後の介護の心配をしなくてはならなくなった際に、常日頃姑が言っていた様に、家政婦や有料の老人ホームへの話しが出ていた。

当然、その時点での所有財産額の話になる。

私は夫に言った。

「あんたは一人息子なんやから、誰にも頼れないんやで。もしオジイが倒れでもしたら、どこにどれだけお金が有るのか知ってなきゃ、ウチの家計で支払う事になるんやで。保険の事や預金通帳やハンコなんか、あんただけは知ってないと困るんやからね」

と、あくまでも、嫁が金をアテにしているなんて思われたら困るので、言い方も考えた。

正直言って、本気でアテになんかしていない。

ただ、約束通り、持っている金を全額はたいてでも、面倒を見なくてイイ様にして欲しいだけだ。

姑の脳の3分の1に萎縮が始まっていると診断され、夫は舅姑を自宅に送り、舅に財産は全額でどれくらい有るのか聞いた。

私は席を外しておくからと言い、別の部屋に行こうとした。

舅は書棚から貯金通帳2冊を持って来て言った。

「コレだけや...」

通帳を手に取り、中を見る夫。

夫「オヤジ、他には?」

舅「それだけや」

夫「それだけって事は無いやろ?」

舅「それだけしか無いで?」

夫「貸金庫とか、定期とかが有るんと違うんか??」

舅「いいや、それだけや。」

私は夫の顔が険しくなって行くのを見ながら、何を言っているのか理解が出来ない。

「どないしたん??」

そう聞いた瞬間夫が怒鳴った。

「こんだけしか無い訳が無いやろ!!」

続く

【次のエピソード】年金は大半を一時金でもらい、保険は未加入...。姑の「惨憺たる懐事情」/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

よく我慢されたと思います。我が家も現在97歳の姑が義兄夫婦と暮らしてますが我がままな人で外面が良い人 昨年まで1年に2週間程家に来る事がありましたが2度お断り!ディサービスがダメで最悪の場合は私が家を出るつもりです。 読ましていただいた限り私なら即離婚です。素晴らしい方だと尊敬します。  60代後半ですが我慢が足りませんか?
先に謝罪!貴方の家族に対して、他人なのに口悪くてごめんなさい!  なんか今までの経緯でクソババアと馬鹿息子そしてなんで耐えられるのかメンタルやばいかずさん  って感じでみていたのが、義父の無関心さがヤバいです、、。  義母は今までの事もあるけど、ざまみろというより本当哀れで惨め過ぎる、、本人の資質も高かったけど周りの人間の質も悪過ぎたのかも、、
なんて言うか…息子と舅は何なの?? なんで、こんなにも似ているんでしょう。 妻、母の事なのに他人事過ぎる。 嫁は他人ですよ〜 ここで帰っていい案件だと思いましたわ。 よく耐えましたね…かづさんはえらいです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP