義母の言いなり!我が子を見に来ない夫が勝手に決めた戦慄の引っ越し先/かづ

pixta_42560580_S.jpg

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

結婚35年目。現在は夫婦二人と4ニャンとで暮らしています。

11歳年上のIさんと結婚して男の子を出産した私。子どもを連れて里帰りしても、夫は一向に顔を見に来なかった。さらに一度は決めた名前もひっくり返されて、

『好きな名前にしたらええやん!!

どっちみち、名前なんて何でもええし!!

決まったら、届出しに行くから言うてくれ!!』

とだけ言って電話が切れたのだ。

父は更に激怒だ。

前回の記事:「祝いが欲しくて電話してきたんか!」孫誕生の知らせも義母にガチャ切りされて/かづ

結局私が中高生の頃から考えていた名前に決めた。


それからがまた大変。

毎日の様に夫から

『いつ帰って来るんや?』

『帰ってきても大丈夫やろ!!』

と電話があり、父を更に更に怒らせる事になる。

父は

『息子が出来たって言うのに、いっぺんも見にも来ん!!

抱きにも来ん!!あいつは父親の自覚があるんか!!』

と、毎日のように怒っていた。


後で知った事だが、義母が毎日の様に夫に

『いつ帰って来るんや!!

孫はこっちの孫やのに、いつまで向こうにおるつもりや!!』

『あんたまで向こうに行く必要は無い!!

あの子が子ども連れて帰ってきたら済む事や!!』

と言っていたそうだ。

そして、夫は毎日義母宅に帰って夕食を食べていたので、電話には出られなかったのだ。

義母の言う通りにしていたんだね、夫...。

 
結局産後1ヶ月の検診が終わってから帰った。

義母からは電話が無いものの、夫は仕事から家に帰っても、子供の顔を見るで無し、抱きもしなかった。

週に1度は、私の両親が子供の顔を見に来てくれていたが、極力夫の留守を見計らってだった。父からは

『あいつも子どもの顔を見たら変わったやろ?

子どもは可愛いからな〜。』

と言われたが、一度も抱いた事が無いなどとは、口が裂けても言えなかった。

 

ある日、夫が出勤と言っていた日に、両親が来る事になっていた。

ところが朝になって、有給がまだ残っているからと、夫が会社を休むと言い出した。


そこに両親がやってきた。

今のように携帯やコードレス電話などが普及していた訳では無かったので、夫に隠れて両親に電話が出来なかったのだ。


両親がやってきた時に、夫はまだ布団の中で寝ていた。

両親の声を聞くなり

『僕の許可無く、なんで呼ぶんや!!』

と怒鳴り、両親の前で何の挨拶も無く着替えをし出し、出て行った。

父は、あまりにもの事で、怒りが絶頂に来たのだろう。

当分、我が家には来ないと言って帰った。

それから数ヵ月後、夫が市営住宅の申し込みをしようと、書類を持って帰って来た。


家賃の事や、今後の子どもの事なんかで、少しでも安い所に入れたらと私も思っていた。

申込書には、希望の住宅番号を書いて申し込む。二人で相談し、私が車の免許を持っていないなどとの理由から、ある程度便利な所を申込書に書いた。


通常であれば、3〜4回は落選すると聞いていたので、『当たればいいな〜』という程度で考えていた。

ところが数日後、当選のハガキが来た。

当選するとは全く思っていなかったので、私は喜んだ。

ハガキをまじまじと読んだ。

!!!

申し込んだはずの住宅番号が違う!!

夫が帰ってきてからハガキを見せた。

夫に、なぜ住宅番号が違うのかと聞いた。


すると夫は

『お前と決めた所は

なかなか当たらない。

だから、当たりやすい所に

申し込んだ。

おふくろの近くや

と言った。

すぐさま手続きをしないと無効になると言い、夫は次の日に休みを取って手続きに行った。

入居予定日は数日後だった。

関連記事:「完全にマザコン」と厳しい声続出。夫婦喧嘩に親が介入するのはアリ? ナシ?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚35年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP