暖かい日...そんなに着込んでどこへ行くの!? 義父が着続ける「ウールの一張羅」/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに 今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:介護するにもまずは自分が元気でないと! 後回しになりがちな介護者自身の健康管理/山田あしゅら

春が近くなってきました。

少しずつ暖かくなってくると決まって生じる悩みの種。

それは、義父母の衣服の調節でした。

高齢になると皮膚の感覚が鈍るのか寒暖差を感じにくく、暖かくなってもそれを衣服の調節に結び付けることが難しくなってくるようです。

1.jpg

義母に関しては私が準備する服を素直に着てくれるので、それほど問題はありません。

デイサービスへ行く時も暖かい日にはコートをやめて、カーディガンをベストに着せ替えたりなど私主導で決められます。

2.jpg

ところが一方、義父はというと・・・。

3.jpg

どれだけ気温が上がろうと着込んだ服を脱ごうとしないのです。

こちらが何を言っても、寒いと思いこんだら一直線。

いえ、こちらが言えば言うほど尚更脱ごうとせず意固地になってしまいます。

4.jpg

その上義父はお気に入りの服ばかりを着続ける傾向がありました。

押し入れの中から引っ張り出してきたのでしょうか。

このシーズン、デイサービスへはほぼ毎回、同じウールの上着を着用していました。

おそらく義父が現役の頃に購入した、お高そうな『一張羅』です。

なるほど物はよく、保温性バツグンではありますが・・・。

このお気に入り。

義父はデイサービスから帰って来てからも着続けます。

「汚れちゃうし、家の中は暖かいから脱いだら?」と言ってもこれまた聞く耳を持たない義父です。

5.jpg

夜、パジャマに着替えるまで着続けて、気づけば翌日また着込むの繰り返し。

6.jpg

長い間押し入れに突っ込まれていたせいか、虫食いもあった『一張羅』は擦り切れ、案の定、見る影もなく薄汚れていきました。

それまでは私も「汚い恰好でデイに出したら恥ずかしい」という思いがあり、そっと処分してしまえば・・・などと色々試みてみましたが、中途半端にしっかりしている義父には通用しません。

7.jpg

そのうち、「恥ずかしいのは私。当の義父じゃないから仕方ないか」と根負けしてしまいました。

あとは義父が暑さに気付いて『お気に入り』を脱ぐのを待つしかありません。

8.jpg

しかし・・・ 記憶力の良い義父のこと。

来シーズンになったらまた「あの服が見当たらん」と言ってきそう。

どうしたものかと頭が痛い私です。

9.jpg

【次のエピソード】玄関の敷居を跨げない認知症の義母。引き戸のレールが「断崖絶壁」に見えていた!?/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP