車いすでの外出にビクビク...「おりて歩こうかー」認知症の義母からまさかの気遣い!?/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。ここに書いてきた13年間の記録をもとに 今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:介護者の安息だって必要だから...。義母のデイサービス利用日を増やしたい!/山田あしゅら

義母が利用していたデイサービスではリハビリパンツやパッドなどは必要な人のみ各自持参することになっていました。

毎回持って行くのも面倒なので袋ごとあずけて、なくなったらその都度、補充するようにしていたのですが家に居る時よりデイサービスの方が頻繁に替えてくれるので持参するのは 『吸収率の低いお安いもの』。(大きい声では言えませんが・・・)

デイサービスの連絡帳に「そろそろ残り少なくなりました」と書かれてあったのを思い出し 買いに行くことにしました。

しかしこの日は義母の在宅日。

1.jpg

義母は日中、ベッドで横になることはほとんどありませんが椅子に座ったまま、気が付くとほぼ毎回舟をこいでいます。

この頃にはテレビをみても頭に入ってこない様子で、何もすることがないから眠たくなるのも無理はないのですが・・・。

デイサービスがなくて家に居る日はどうしても刺激が少なくなってしまいます。

しかしこのままでは夜眠れなくなってしまうし・・・。

そこで散歩がてら車いすに乗せ、一緒にスーパーまで連れて行くことにしました。

2.jpg

前回も書いたように室内を数メートルなら手引きで移動できる義母も長い距離の移動となるとやはり車いすは必須です。

私が車いすを操作するようになってから気になったのは、家の周りの道路があまりにも車いすに不向きだということ。

とは言えここ数年、歩道など周辺の道路はかなり整備されてきました。

以前は自転車で通りかかると、カゴの中身が全て吹っ飛んでしまうほど歩道はガタガタだったのですが、今は継ぎ目部分の補修が定期的に施されているようで随分通りやすくなっていました。(交通量が多く重量車両も頻繁に通るので 随時行わないと継ぎ目がずれてくるらしいです)

3.jpg

ただし、それは自転車や健常な人が歩行する場合に限られます。

歩道から車道へ出る勾配は思った以上に急で車いすで通る場合はかなり注意を要します。

車道は歩道より低くなっているところが多く、後ろ向きになってから渡らないと安全に車いすが操作出来ない交差点もあるのです。

4.jpg

また、歩道がある大きな道路はまだマシで歩道のない路地などは特に注意が必要です。

わきを通る車を避けながら車いすを押していくと途中にあるのが

5.jpg

こういった暗渠のふた。(グレーチングというようです)

これも自転車くらいなら難なく通ることが出来るのですが、進行方向に沿って格子がタテになっているものは車いすの細い前輪がはまってしまうことがあるのです。

うっかり通ると突っかかり

6.jpg

義母が前方に放り出される恐れもあるため特に気をつけなければなりません。

さて、あれこれ用心しながら私が車いすを押していると義母も気になったのでしょう。

7.jpg

と聞いてきました。

いやいやいや~お気持ちはありがたいですけどね。

8.jpg

リハビリパンツを売ってるスーパーまでは普通に歩いても少々時間がかかるんですもの。

義母の歩きだと、たどり着いた頃にはとっぷり日が暮れちゃいます。

9.jpg

もしかしたら義母、歩けた頃の自分を思い出し、すいすい歩けるような気になっちゃったのでしょうか。

10.jpg

義母とのエンドレスな会話は家に到着するまで続いたのでありました。

【次のエピソード】介護するにもまずは自分が元気でないと! 後回しになりがちな介護者自身の健康管理/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP