介護者の安息だって必要だから...。義母のデイサービス利用日を増やしたい!/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の介護の様子を嫁の目線で綴ったブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―』。13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜながら改めて振り返ってみようと思います。

前回の記事:グラグラ...危険すぎる「自家製の手すり」。プロの改修工事で2階居住の義父も安心!/山田あしゅら

転倒骨折してから一時は移動に車いすの利用が欠かせなくなっていた義母でしたが、しばらくすると、ありがたいことに家の中など少しの距離なら手引きで歩けるまでになりました。

1.jpg

ただ認知症の症状は確実に進んでいて、目が離せないことも増えていたのです。

2.jpg

義母が家に居る時に買い物や用事などで私がどうしても家を空けなければいけない場合は

3.jpg

義父に義母を託して出かけることも多かったのですが

4.jpg

肝心の義父はアテにならないこともままあり、義母が動けるとなればそれも段々と心配になってきます。

区分変更申請を行った結果、要介護度が1から3に上がりましたので

関連記事:調査での「義母のアピール」にガックリだったけど...。数日後に届いた「通知」の結果は...⁉/山田あしゅら

これまで週3回利用だったデイサービスがあと1回ほど増やせるとケアマネおーさんが教えてくれました。

ただ問題は出資元の義父の説得。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

けれど意外なほど交渉はスムーズに進み、何とかOKを引き出すことに成功したのです。

つい1年ほど前まではデイサービスにあまりいい印象をもっていなかった義父でしたが、自身が別のデイサービスに通うようになったので大分考えが変ってきたのかも知れません。

特に第1~第3金曜日は私の書道の教室があります。

2時間ほどの外出ですが私にとっては貴重な自分のための時間です。

義母がデイサービスに行ってくれれば安心して出かけることが出来るのです。

8.jpg

ありがたいことに義母自身はデイサービスが大好きで嫌がることなく通ってくれていますが

9.jpg

建前上は利用者サマ(被介護者)のためのデイサービスといっても介護者の心身の安息と生活を守る役割の方が大きいのも事実でしょう。

義母の金曜日追加は事業所とおーさんの了解を得て早速開始されました。

10.jpg

こんな感じで各所ステップアップしながら我が家の在宅介護は新しい段階へ着々と進んでいくのでした。

【次のエピソード】車いすでの外出にビクビク...「おりて歩こうかー」認知症の義母からまさかの気遣い!?/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP