認知症になってもオシャレは大事! 美容院で見せた義母の「とびきり明るい笑顔」/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:私は義父の「便利な足」じゃない! 感謝の一言もない義父の車椅子を押すのがツラい.../山田あしゅら

わがままな義父とは全く対照的な義母。

やや依存心が強いところはありますが、義父のように理不尽な要求をすることはほとんどありません。

骨折して以来、車いすでの移動が必須となり、通院とデイサービスの他、外出する機会がとんと少なくなった義母ですが、そろそろ髪の毛を切らなければならなくなりました。

義母は元来天然パーマの髪質で、伸びてくるとどうにもこうにもまとまらなくなってしまいます。

1.jpg

かつて現役時代は『かもじ』(髪にボリュームをつけるための義髪)を入れて常時きちっとセットしていた義母。

毎週1~2回は美容院に通うおしゃれさんでした。

2.jpg

当時、子育てと家事に追われていた私は美容院など半年に1回行くのがせいぜいでしたので そんな義母を恨めしく眺めていたものです。

けれど今思えば毎日朝早く仕事に出かける義母にとってこの制御しづらい『天パー』を整えるのは実に大変なこと。

この髪型に定着せざるを得なかったのは仕方なかったことかも知れません。

仕事を辞めてからは天パーを活かしたショートカットになりましたが、それでも元気だった頃までは月に数度、美容院に通っていました。

今回はそんな義母の何十年来のお付き合いとなっていた行きつけ美容院のお話です。

以前は自分の気の向くまま通っていた美容院も認知症が進んでくると家族が連れて行かないと出向くことが出来なくなりました。

家から少し離れたところにあるこの美容院。

足元がおぼつかなくなった義母を連れて行くのはなかなか骨が折れます。

3.jpg

それでもこの美容院に通い続けていたのは

4.jpg

80代後半の義母よりもほんの少し若いこの『先生』がいたからでした。

今は息子さんに店を譲り、一線からは退いているようでしたが行く前に電話をかけて先生からOKが出れば先生自らカットしてくれました。

しかし今回、随分ごぶさたしています。

その上、少しの移動も車いすが必要となった義母を連れて行くのはどんなものかとかなり迷いました。

もちろん、義母が「行きたい」と言ったわけではありませんが、 骨折してから思うように動けなくなった義母を元気づけられるのではないか?

そんな気持ちもあったのです。

そこで思い切って電話をかけたところ

5.jpg

ちょうど先生が電話に出て、快くカットを引き受けてくれました。

この日は長男が家に居り、義母と車いすを車に乗せ、すぐに美容院へ向かいました。

駐車場のないこの美容院。

運転手と引率、二人がかりでないと行けないからです。

車を降りると先生が入口まで出迎えてくれました。

6.jpg

7.jpg

ただ何と言っても狭い店内。

車いすで義母を移動させるのもシャンプー台のイスに座らせるのも一苦労です。

高齢の先生に無理を言ったのではないかと正直後悔しはじめました。

しかしカットが始まると先生の動きは以前と全く遜色なく

8.jpg

ブローまであっという間でした。

9.jpg

さすがは長年のお付き合い。義母の好みもよく心得ていて お陰で義母が疲れる間もなくスッキリさっぱり早変わり終了です。

長男が再度迎えに来てくれるまでの間、先生と少しだけお話できたのも義母には嬉しいことでした。

「実は、骨折してしまってなかなかうかがえなかったんです。今日、やっと来られてホッとしました」と私が言うと 先生、ちょっとびっくりされていましたが

10.jpg

心から何度も喜んでくれていました。

普段は何もかも忘れてしまっている義母も、先生のことはまだ記憶に残っている様子で

11.jpg

話が結構弾んでいました。

お互い、いい感じで合わせていただけなのかもしれませんが、義母のとびきり明るい笑顔に この美容院は義母にとって大切で特別な空間なのだと改めて思いました。

実は義母がこの美容院へ行ったのはこれが最後で その後はやむなく私がカットしたり、 デイサービスの訪問理容で切ってもらったりするようになってしまったのですが

12.jpg

この時の嬉しそうな義母の笑顔が今でも心に残っています。

【次のエピソード】グラグラ...危険すぎる「自家製の手すり」。プロの改修工事で2階居住の義父も安心!/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP