83歳認知症の父が作った「コーンスープコーヒー」。少し哀しい気分で、笑うしかない

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:めぴ
性別:女
年齢:49
プロフィール:認知症の父がいます。なるべく笑いに変えたい大阪人。

49.jpg

83歳で認知症の父は糖尿病で、糖分は減らすよう医者から言われています。

なのになぜか、砂糖たっぷりのコーヒーを一日何杯も飲みたがるようになったのです。

「もう飲んだし、やめとき」と言っても、飲んだ記憶がないので聞きません。

どうにかやめさせたいと、コーヒーや砂糖は隠すようにしました。

それでも見つけ出し、カップを手にしている時はため息をつくしかありませんでした。

1年ほど前のことです。

父と2人で留守番をしていたことがありました。

またまた、コーヒーを所望する父。

朝から一杯いれてあげたので、これは止めなければ。

「他のにしようよ」

「砂糖はやめるように病院で言われたやん」

「さっき飲んだし」

思いつく限り反対アピールをしても、なぜか父はコーヒーにこだわります。

「そうやなぁ」と同意しかけても、しばらくすると「コーヒー飲もうかな」に戻っていくのです。

体調が悪い自覚がないので、「体のために」は効き目がありません。

けれどもお医者さんにまたお叱りをいただくのは避けたい。

私は脳みそフル回転かつ笑顔で、他の飲み物を勧めていました。

と、それが功を奏したのか、父がインスタントのスープのパウチを手に取り、カップにさらさらと入れました。

「やった!」

私は内心ガッツポーズ。

「お父さんそれいいやん! あったまるし! 体にいいよ! それがいいわ!」

褒めちぎりました(スープを選ぶだけでこんなにも褒められると覚えてもらえれば...と思っているのは内緒です)。

じゃあお湯入れてあげるねーと電気ケトルを取りに行った、本当に一瞬のことだったと思います。

振り返ってカップを手に取ると、何か茶色いものがトッピングされていました。

「何これ?」

黄色っぽい粉末コーンスープの上に投入されていたもの、その香り、それはコーヒーでした。

しかもお湯で溶けるインスタントの粉でなく、豆を挽いた粉だったのです。

「ちょっと!」

私は叫んでいました。

「もう! なんでこんなん入れたん、飲まれへんやん!」

でも父は私が声をあげている理由がさっぱり分からないようです。

一体どこからこれを、あのわずかな隙に...と舌打ちしそうになりましたが、ともかく穏やかに説得しなければ。

「これ、お湯入れて飲むやつちゃうで。こうしたら飲まれへんよ。もう捨てて、入れ直そ」

優しい口調で言うと、なぜか父は不機嫌に「分かってる!」と口を曲げました。

「美味しいの飲もうよ、せっかくだから」そう言っても「分かってる!」。

「それ溶けないから、お湯入れてもだめだよ」「せめてコーヒーの粉だけ出すわ」、いくら言葉を重ねても、「分かってる」しか返ってきません。

分かってないよ!

そのうち勝手にお湯を入れたので、カップに妙な色の液体がなみなみと揺れていました。

上にはコーヒーの粉がプカプカ...そりゃ溶けませんもの、こうなりますよね。

「じゃあせめてその粉取ろうよ、漉すから貸して」呆れつつ手を出すと、また「分かってる!」が来ました。

ついに私も「あーもう! じゃあ飲みや! 美味しくないで!」と言葉をぶつつけてしまいました。

なんでこんなとこで無駄に意志強いんよ、という腹立ちと、父を止められなかった無力感に苛まれながら、横目で父がカップを口に近づけるのを眺めていました。

父は上手に歯の隙間から吸うようにして、斬新なドリンクを摂取しています。

「そういうとこは器用なんだなぁ」

ぼんやり見ていると、父は不思議そうに一言。

「何飲んでるか分からんわ」

「そりゃそうやわ!」

我ながら会心の突っ込みでした。

本当は少し哀しかったのです。

でもそういうのは出したくなくて、やっぱりここは笑うしかありません。

私の「あははは!」が湯気に重なりました、父も笑いました。

すぐ「コーンスープコーヒー」は捨てました。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:目を疑うって、まさにこのこと。教師として真面目一筋で生きてきた78歳の父がパチンコ店に...
関連の体験記:「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP