え? 健診で血糖値や血圧の数値が軒並み...!? パートの休憩時間の「おやつ持ち寄り合戦」の予想外の顛末

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。

40.jpg

私(52歳)は、食品製造関係の会社で、フルタイムのパートをしています。

同年代の女性ばかりの職場なので、1時間の休憩時間には、それぞれちょっとしたおやつを持ち寄って、気の合う者どうし楽しくおしゃべりに花を咲かせるのが、いつもの日課です。

しかし、この「おやつ」が、思わぬ騒動の原因になってしまいました。

一緒に休憩を取っているのは、6~10人くらい。

おやつは皆、一袋100~300円くらいの安価なお菓子が中心なのですが、A子さん(55歳)は、シュークリームやプリンなど、値段もカロリーも高めのおやつを人数分持ってくるのです。

100円のプリンでも10人いればそれだけで、1000円です。

1日だけならまだしも、毎日となると月にすれば万単位のお金がかかってしまいます。

さすがにその真似はできませんが、貰うばかりというわけにもいかずに、皆、たまにAさんと同じように、高めのおやつを買ってくるようになりました。

そうなると、「じゃあ私も」という感じで、だんだんと値段もカロリーもお高めのおやつを持ち寄るように。

私も自分だけ知らないふりは出来ずに、何度か奮発してケーキ屋さんでプリンやシュークリームを買って持参しましたが、かなり懐にダメージが...。

さらに「おいしいけど、これ絶対太っちゃうよねぇ」なんて笑い話をしていたら、なんとも笑えない状況にもなってしまいました。

問題が発覚したのは、会社の健康診断の時でした。

会社から手渡された健康診断結果を見て唖然

皆が皆、体重が前回よりも3キロ以上太っていたのです。

中には、7キロ太ったという横綱級の同僚も。

それだけでなく、おやつを食べていた同僚は全員、血糖値・血圧で引っかかって要再検査もしくは要精密検査。

私はもともと高血圧の薬を飲んでおり、おやつをあまり食べなかったため引っかかりませんでしたが、こうもてき面に結果が出たことに驚きました。

ということで、皆で話し合って、今までのようなハイカロリーなおやつは控えようということになりました。

それからは、おからクッキーやこんにゃくゼリーなどの、ダイエット向きのおやつが登場するように。

おやつ合戦の発端になったA子さんはどうしているかというと、相変わらずしばらくは値段もカロリーも高めのおやつを持ってきていました。

しかし、同僚のダメ出しを受け、現在ではローカロリーのおやつに切り替えています。

たかがおやつ、されどおやつです。

何気なく口にしていますが、健康のためには食べ方に気を付けなければと、改めて考えさせられました。

関連の体験記:工場の夜勤のパートで、60歳の同僚女性が突然倒れて...「明日は我が身」と感じた恐怖体験
関連の体験記:「コーヒー代貸して」休憩のたびに借金して返さない50代同僚。撃退作戦の結果...「思わぬ効果」が!
関連の体験記:「既読にならない方、賛成でいいですね?」LINEが流行り始めたころの「PTAグループトーク」の悲劇

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP