コロナ禍で起きたペットブーム。その影で捨てられている「小さな命」を守りたい/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

「学校ウサギ」のニュースを見て「うさぎと暮らしている私」が考えたこと/ふうたの飼い主

001.jpg

コロナウイルスが猛威を振るいはじめた2020年4月。

日本政府が緊急事態宣言が発令し、不要不急の外出を自粛していたことは記憶に新しいと思います。

そんな中、自宅で過ごす時間が増えたことで、動物とのふれあいによる癒しを求める人が急増。

ペットショップでは、犬や猫はもちろん、うさぎなどの小動物も売り上げが倍増。

ちょっとしたペットブームが起きていたことは、私もニュースで知っていました。

002.jpg

それから半年が経った現在。

コロナウイルスは収束の目処が立つどころか、いわゆる「第3波」で感染が拡大傾向にある状態。

さらに、「コロナ禍のおかげで安住の地を得たペットたち」の一部に、暗い影を落とす事件が起きていました。

その事件というのは「ペットの飼育放棄」。

特に悪質だったのは、某動物関連のテレビ番組で紹介されていた防犯カメラの映像。

ショッピングモールに入っている保護猫カフェの店頭に、2匹の子猫をケージごと置いて立ち去る女性の姿が映し出されていたのです(帽子とマスクで素性を隠していました)。

それは、まぎれもなく犯罪の瞬間でした。

この件は、2019年6月に成立した改正動物愛護法で、動物を遺棄(捨てる)・虐待した場合は、1年以下の懲役、又は100万円以下の罰金という刑罰に当たります。

それでも絶えない、捨てられていく動物たち・・。

003.jpg

一度は迎え入れた家族の一員。

なによりも、かけがえいのない小さな命だというのに、

・しつけができない、言うことを聞かない

・思っていたのとイメージがちがう

・飼育が大変

などの身勝手な理由で、動物を捨てて行く人間たち。

なぜ、動物の気持ちになって考えてあげられないのでしょう。

「一生ここで暮らしていける」と思っていたのに、

ある日突然、せまいケージに入れられ、知らない場所に置いていかれる。

自分が同じことをされたら、恐怖を与えられたら、された相手に何も思わないのでしょうか。

おそらく、捨てたことがある方は、後悔だったり思い出したりすることはないのでしょう。

私はそういう方たちを「人間」とは思いません。

どんなに止むを得ない事情があるにせよ、「捨てる」という選択肢は絶対にありえません。

004.jpg

コロナ禍はまだしばらく続くと予想されます。

緊急事態宣言時に、癒しを求めてペットを迎え入れた方々が、家族を置き去りにしないことを心から願っています。

どうしても飼えなくなったという方は、最寄りの保護施設に連絡し、状況を相談したうえで、その子の暮らしが保証されるまで、誠心誠意向かい合っていただきたい。

これ以上、人間の都合で不幸になる子が増えませんように・・。

※記事は私の個人的な見解ですので、考え方の一例として読んでいただけたら幸いです。
※写真はすべてイメージです。

【次のエピソード】忙しい年末をふうたスマイルで乗り切って!「うさぎのふうた」ベストショット<Vol.4>/ふうたの飼い主

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

本当にその通り。人間の都合でペットが辛い思いをすることがなくなりますように。思いつきで飼うのではなくきちんとその子が何年くらい生きるのか、その間お世話ができるのか考えていただきたいです。
匿名さんからゆかさんへの返信 | 2020.12.02
本当にです。軽々しく犬さん。猫さん。動物達の命を安易に考えないで下さい。ブームに乗って手元に置こう等と考えている人達。どうぞ止めて下さい。命を粗末に扱わないで下さい。
命の飼育放棄、言語道断です!動物愛護センターにおける引き取りを廃止し、里親をみつけるよう促進する動きが増加しています。炭酸ガスで眠らせ、焼却炉に落とし処分される。これが人間の利己で棄てられた命の未路なのです。
その通りです。一度お迎えした家族を捨てるなんて事は絶対あり得ません。
いつもブログを楽しく拝見しております。今までにうさぎ3羽にうちに一生を預けてもらいました。最後まで見届ける責任もありますし、またそうできた事は幸せです。安易に生き物を捨てる人もいれば、前代未聞の状況で誰もが解決策をもてず、どうしてもやむを得ず飼い続けられないピンチにおちいってしまった人もいるかもしれません。手離すのは仕方なくても、そのこの行く末を考えて、せめて次に託すまではしてほしいと私も思います。
私もニュースで観ましたが、絶対にあってはならない事だと思います。 飼い主様と同じ思いでおります。 自身もモルモット姉妹(ホントの姉妹)のご飯を買いに行ったところで一目惚れしてしまいました。8歳とご長寿モルちゃんずでした。 私も、初めてお迎えした愛うさぎで家の壁をかじったりと大変な事も確かにありますがそれすらこの子の生きた証と思います。 家は直せば元に戻りますし次の子をお迎えする時はしっかり対策をした上でと考えております。 何よりたくさんの癒しとパワーをくれる大切な家族の居ない生活は考えられないです。
私も大の動物好きで、身勝手に虐待したり放り投げてする人も居ますが、本当に許さないです、私の所に凄く可愛い仔猫ちゃんが、2匹来まして野良ちゃんですがご飯を毎日上げて居ます。美味しそうに食べる姿は可愛いです。名前を付けて上げました。茶トラはミミちゃん黒トラはこたろちゃんです。2人友元気な子達です。寒いときは部屋の窓を少し開けて居つでも出入り出来るょうにして上げてます。そっと見に行くと2人が寄り添って寝て居ます。
以前ペットエリアを見ていた時に、従業員の方がわざわざわんちゃんを抱っこさせてくれたのですが、こちらがペットを飼えるかどうかは全く考えていないようで、とにかく売りたい一心なのが見えました。 ペットショップ側も無責任に売ろうとする姿勢を改めないと、軽い気持ちで飼ってしまう人が増えてしまうのではと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP