ついに時は来た! 新しい「水洗トイレ」を拒絶していた認知症の義母が...!!/バニラファッジ

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。義母はリフォームした新しい水洗トイレに馴染めず使うことを拒否し、臨時で設置していた「簡易トイレ」を使いたがっていたのですが、ついに...⁉

前回の記事:「ばあちゃんち、臭い!」認知症の義母が新しいトイレに馴染めず、大騒動に...⁉

まだらに認知症がでるお義母さんは、ポータブルトイレのことで、おばさんと何度目かの<使う・使わない>喧嘩をしました。

そしてついに...

78-1.png78-2.png

お義母さんの気が変わらないうちにと、急いでポータブルトイレを片付けようとその掃除を始めたら...

78-3.png78-4.png

中のバケツだけ洗ったものの、本体の掃除ができなかったのでポータブルトイレには使用禁止の紙を貼っておきました。

そして、その後すぐ...

78-5.png78-6.png

子どもが「チー出た」と初めて教えてくれた時のように、おばさんと2人でお義母さんを褒めました(笑) で、その翌日も雨でポータブルトイレの片付けを見送ったら...

78-7.png78-8.png78-9.png

しまったーーーっ!!!

中のバケツをはずしたままのポータブルトイレを誰かが使った...(汗)

78-10.png

新しいトイレに無事切り替えられたお義母さんですが、ポータブルトイレの記憶も残っていて「使用禁止」を忘れて使ってしまったようです。

「バケツにひびが入って、中身がもれちゃったから全部片付けました。」 と、おばさんと口裏を合わせて、遠回りしましたが無事ポータブルトイレは撤去されました。

お義母さんの猛反対で、外に残した汲み取り式の和式便所はその後、誰も使うことなく、結局お義母さんには内緒で埋めることになりました。

環境が変わると認知症が進行する心配もありますが、最初はとまどっても暮らしやすくなればゆっくりですが、高齢者でも馴染めるようになります。

その力を信じて介護に向けてのリフォームは積極的にやった方が、いい結果につながるのではないかと思いました。

【次のエピソード】怒り、心配し、そして嘆く...。今日も始まる、認知症の義母の「夕方6時劇場」/バニラファッジ

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

【まとめ読み】義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP