「遺言書を作りたいの」義叔母から頼まれた「弁護士の手配」を先延ばしにしていたら...⁉/義叔母の遺言書(1)

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。今回は、おばさんのちょっとホロっと来るお話。未婚で子どものいないおばさんは、遺産をファッジさんたちに託すことを考えて「遺言書」を作りたい、と申し出てくれたのですが...⁉

前回の記事:「なんでも一人でできそう」だったけどな...認知症の義母の「失敗」と「不安そうな顔」

71-1.png71-2.png71-3.png71-4.png

未婚のおばさんに子どもはいません。

おばさんは4人兄弟で、亡くなった時の法定相続人はその兄弟になります。

71-5.png

おばさんは一緒に暮らしてきた甥っ子をはじめ、自分の主介護者である甥っ子の嫁(私)や、生まれた時から孫のように可愛がってきた甥っ子の3人の子どもたちに自分が親から引き継いだ土地や財産を残したいと言ってくれました。

71-6.png

こうして私は、おばさんの遺言書作りを手伝うことになりましたが「弁護士」とか「遺言」とか馴染みのない言葉が並び、引き受けたものの不安しかありませんでした。

そのうえ、私は日々の小さい仕事を優先してしまい、おばさんに頼まれた遺言書作りという大仕事になかなか着手できず、モタついていました。

それを案じたおばさんは...

71-7.png71-8.png71-9.png71-10.png

毎日のように打診され、おばさんからの圧も増してきました。

それでものらりくらりしていたら、おばさんが肺炎を患って入院になってしまいました。

71-11.png

高熱で意識朦朧の中でも、おばさんは遺言書のことを気にしていました。

1ヶ月の入院の後、おばさんが無事退院できた時は本当にほっとしました。

さすがにそれからは、おばさんの遺言書作りに拍車がかかりました。(つづく)

【次のエピソード】身近にあった! ズボラな私にぴったりの「遺言書の相談」場所は...⁉/義叔母の遺言書(2)

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

【まとめ読み】義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP