顔も動作も...まるで別人! 認知症の祖母が風邪薬を飲んで「覚醒」してしまい...⁉/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:すっかりケチになった義父。「デイサービスの利用料」まで渋りだして...

義父の認定調査の結果は決定通知が来るまで1か月ほどかかります。

その間も義父母の毎日はバタバタと続きます。

以前、急に立てなくなった義母の話を書きましたが、実はその後、義母の寝室を2階に戻していたのです。

関連記事:「おーい、来てくれ!」2階から響く義父の大声。そこには...突然立てなくなった義母の姿が

再び立てなくなることを考えたら「なんと無謀な!」と思われるでしょうが、義父母の居室を2階にせざるを得ない理由のひとつに我が家のトイレ事情がありました。

義父によって30年近く前に改築された我が家は1階が和式、2階が洋式のトイレでした。

しかも、1階の和式トイレは昔ながらの1段上がる形状で

1.jpg

徐々に踏ん張りがきかなくなってきた義母は使うことが出来なくなっていました。

2.jpg

用を足せるのは2階のトイレのみ。

と、いうことで義母の寝室を下におろすことが出来なかったというわけです。

そんな義母。

数日前から引き始めた風邪がどうもスッキリしないでいました。

3.jpg

気温が一定しない5~6月ごろは高齢者でなくとも体調が崩れがちなのですが、認知症の義母は具合が悪くても自分から不調を訴えてくることはあまりありません。

4.jpg

ありがたいことに風邪を引くことが少ない義母でしたが油断は禁物。

気づいた時には既に症状が悪化していることもあるので注意が必要です。

この時もややこじらせ気味になってしまい、良くなったり悪くなったりを繰り返し、次第にしつこい咳にかわってきました。

そこでかかりつけのお医者さんに風邪薬を処方してもらい、週3日のデイサービスもしばらくお休みにしました。

ところが薬を飲み始めて2日ほどたった頃でしょうか。

いつもは静かな義母が、朝からどうも様子がおかしいのです。

5.jpg

顔つきもいつもと違い、動作もまるで別人のよう。

6.jpg

認知症の義母の不思議の一つに、何らかのきっかけで急に『昔の義母が戻って来る』という現象がありました。

7.jpg

何がスイッチになるのかは分かりませんが、今回のようにいつもと違う薬を飲んだ後ということも結構多かったので、これも原因だったのではないかと思うのです。

しばらく落ち着かない身振りで1階の居間をウロウロしていた義母でしたが、やおら部屋を出て和式トイレに向かおうとするではありませんか。

2階の洋式トイレに行こうとどれだけ私が促しても全く聞く耳を持たず、大股でトイレへ向かう表情は気の強かった昔の義母の顔を彷彿とさせるものでした。

そして便器前に到着。いつもだったら片足を上げるのも難儀なトイレの段も(階段の1段分よりも幾分高めです)難なくクリア。

便器をまたいで立ち上がることが出来てしまったのです。

8.jpg

本人はやる気満々なのですが身体はユラユラ安定しません。

9.jpg

押し問答しながらも「こりゃ、目的遂行しなけりゃ収まらないぞ」と思い、後ろを支えながらズボンと下着を下ろすのを手伝いました。

するとなんとまぁ。

義母、ゆっくりですがちゃんとしゃがめてしまうではありませんか。

しまいには後ろで必死に支えている私に

10.jpg

と、怒り出す始末。

押さえてなけりゃ、大事なところをおっぴろげたまま後ろにでんぐり返っちゃうわよぉぉっ!

しかし悲しいかな、義母の足が持ちこたえられたのはほんの数秒でした。

目的遂行する間もなくこの体勢に耐えられなくなった義母はおっかなびっくりトイレから下ろされることとなりました。

その後風邪で体調がイマイチだったこともあってか精魂使い果たした義母は電池が切れたようにしばらく動けなくなってしまいましたけどね...。

常時、予測がつかない認知症の義母ではありますが、病気が進行するにつれ思わぬ行動が思わぬ時に現れることがこの頃たびたび見られたのです。

そしてこの『覚醒』は、わが家の介護を大きく変える「大事件」を招くこととなります。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP