私のパート仲間にフラれた「36歳イケメン独身男」がありえない行動に!「怒り爆発バトル」の結末は...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:サンド
性別:女
年齢:44
プロフィール:夫と子供2人がいます。派遣社員です。

42.jpg

あれは12年前(当時の私は32歳)、コンビニエンスストアで働いていたときのことです。

私はオープニングスタッフで、平日の5日間、9時~14時勤務のパートタイムを、同期のHさん(当時36歳・子持ち)と週2か3日で分けて働いていました。

お互い小さな子供がいた私たちにはとても良いシフトで、お互い助け合いながら、メールでやり取りしてうまく回していました。

少し慣れてきた頃には、バツイチでご実家に住んでいるHさんは夜勤(夜10時~朝6時)にも入るようになっていました。

その夜勤でHさんはG君という男性と一緒のシフトに入っていました。

G君は36歳独身です。

Hさんはとても綺麗な人なので、G君は恋をしてしまったのでしょうね。

夜勤を始めて2カ月頃にG君から告白されたとHさんからメールで相談されました。

「もちろんお断りしたけど」とHさん。

G君はイケメンなんですが、実家がお寿司屋さんでボンボンだったため、36歳になっても親にお小遣いをもらってバイト暮らし。

しかもそれを自慢する勘違い男なので、魅力がなかったそうです。

Hさんが夜勤を始めて4カ月くらいでしょうか?

突然店長にHさんと私が呼び出されました。

私はお休みの日だったので、Hさんの勤務が終わる時間に事務所に行きました。

そこには、店長となぜかG君がいました。

なぜ夜勤バイトのG君がいるの? と不思議に思っていると、店長ではなく、G君が口を開きました。

「お2人に相談があります。(早朝や夕方、土日に出勤している)高校生のバイトの子たちが、あなたたちのシフトがずるいと言ってるんですよね! 土日も出てくれない?」

突然言われた言葉に私はびっくり! 

店長は後ろで頷いています。

「高校生も土日にデートがしたいそうなんだよね」

(はぁ?? 何言ってるの。)

「おたくの子供たち家で待ってられるでしょ?」

(なんで高校生をデートさせるために子供留守番させて働くのよ。高校生の救世主にでもなったつもり?)

心の中でモヤモヤ葛藤していましたが、事態がわからないのでとりあえず返事は保留にしました。

事務所を出るとHさんが私に頭を下げました。

「G君がしつこいから拒絶しちゃったの。夜勤も入らないと先週店長に言ったばかりで。ごめん、私のせいで」

要するに、思いが通じなかったG君は、フラれた腹いせに私達のシフト(平日週5を二人で分ける)にケチをつけてきたんです。

そして、なぜ店長(24歳)がG君の言うこと聞くかというと、その少し前にG君が恵方巻を店で大量購入してくれたおかげで、売上がエリア1位になったそうで......。

それで店長がG君に頭が上がらないそうです。

まんまと「とばっちり」をうけた私。

そしてHさんは全く悪くない。

思えば最近早朝出勤(6~9時)の高校生の態度が感じ悪くなったなあ、とは感じてはいました。

そして最近夜勤のG君が早朝も出勤していました。

いろいろ繋がって怒りが爆発し、そのまま事務所に戻る私。

「お話はわかりました。もう一度機会を作ってください。店長とエリアマネージャーとG君、高校生を呼んでください!」

「高校生は関係ないじゃないですか!」

怒鳴るG君ですが、私も負けません。

「関係ない? 関係あるでしょ? 高校生が関係ないなら、G君も関係ないですよね! 店長! エリアマネージャーと店長とHさんと私の4人で話し合いましょう!」

G君と店長はかなり焦っていましたがもう遅い。

普段穏やかなぶん「怒ると怖い」と言われる私です。

後日エリアマネージャーと4人でお話させてもらいました。

「私達のパート募集要項は平日の9~14時となっていましたが、その後変更などありましたか?」

エリアマネージャーは何も知らなかったそうです(店長が言えなかったみたい)。

そしてこの間のことを一部始終話したら、その場で顔を真っ赤にして店長を注意してくれました。

その後、店長は異動となり、エリアマネージャーが臨時の店長になりました。

そしてもちろん私達は、そのままのシフトで働くことができました。

高校生たちへも、高校生の契約がそもそも違うことを、きちんと説明してくれました。

高校生たちは理解してくれたみたいで、謝りにきてくれました。

そしてG君は、もちろん居づらくなり辞めました。

職場に嫉妬なんて持ち込まなければ良かったのに、今頃どうしているのやら......。

関連の体験記:尊敬する職場の先輩からの指摘で迷いが...。義母に頼まれる「妊娠中の義妹の病院送迎」
関連の体験記:「弟さんのお嫁さんに比べて私は...」家族8人で作ったLINEグループ。母が一方の嫁を褒めちぎり...
関連の体験記:娘にそんなこと言わないで!デリカシーがない義父、帰省のたびに胃が痛みます...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

高校生は何か焚きつけられたんだろうなあ。しかしいい歳して、ばかな男もいたもんだ。他所でも繰り返しそう。投稿者さん、お疲れ様。
きちんと戦えてよかったですね! 36歳で店も継げずにフラフラしている男は、録な人生歩んでませんよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP