娘にそんなこと言わないで!デリカシーがない義父、帰省のたびに胃が痛みます...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひなた
性別:女
年齢:41
プロフィール:50歳の夫と中学2年生の娘とのんびり暮らしている、関東在住の専業主婦です。

11.jpg

関西在住の75歳になる義父は、大らかな方で、細かいことは気にしない明るい性格。

物怖じせずに初対面の方とも気さくに話せるし、退職後も趣味のコーラスやテニスに通っていらっしゃる、とってもアクティブなおじいちゃんです。

しかしデリカシーがなく、配慮が足りません!

面白ければ、相手がどう思っていようがいじりたおすし、笑いをとろうとします。

毎年冬休みには帰省しているのですが、デリカシーがない発言や行動に、毎回胃がキリキリ痛んでいるんです。

この前帰省したのは、中2の娘がセミロングからショートボブにイメチェンしたばかりの時でした。

広瀬すずちゃんの写真を見せてオーダーしたのですが、仕上がってみると、まだ幼い顔立ちのせいか、普通のおかっぱの女の子......。

カットを終えて帰ってきて、本人がすごく気にしていたので、「かわいい、かわいい、似合ってる!」と褒めて、なんとか気分を上げたという経緯がありました。

帰省してご挨拶するなり、義父が娘に対して言ってしまいました。

義父「おお、すっかりちびまる子やな~! いや、刈りあげだからワカメちゃんか?」

娘「刈り上げじゃないもん!」

義父「それは、刈り上げっていうんだよ! いやいや、お前は小さいからタラちゃんか?」

中2にしては身長が低いこと、普通のおかっぱ風になってしまったこと、今一番気にしている娘の地雷を全部踏んでしまったのです。

だんだん無表情になっていく娘。

それを全く気にせず楽しそうにいじる義父。

悲しい気分で髪が伸びるまで過ごさなくてはいけないのですから、もう少し考えてから発言していただきたかった!

それから、こんなこともありました。

美味しいウィンナーをお歳暮にいただいたとのことで、晩御飯にみんなで美味しく食べていたときのことです。

「ウィンナーの作り方って知ってるか?」

義父が自慢気に語りだしたのは、詳しいウィンナーの作り方。

何に詰められているかを知った娘は大変ショックを受け、それ以来ウィンナーが食べられなくなってしまいました。

焼肉屋に行った時も、肉の部位を詳しく語りはじめようとしたので、さすがに私もおいしく食べられなくなるので、やめていただきました。

義父は洋画が大好きで、リビングのテレビで映画をよく見ています。

大画面で繰り広げられるのは血しぶき大量の銃撃戦や、濃厚なベッドシーン、凄惨な拷問シーン......。

幸い字幕版で見ているので、なるべく画面が見えないように、私たちはダイニング側で過ごすことにしています。

私と娘はスプラッタものやホラー映画は苦手だし、特に娘は夜も眠れなくなってしまうので、あまりに酷い映画のときは、番組を変えてほしいとお願いするのですが、仕方なさそうに変えてから、こんなことを。

「まだまだお子様やなぁ」

「もうこれぐらいは見れるようにならないと!」

お義父さん、中学生はまだ子どもだし、それらはR15指定並みの映像だと思います!

中学生女子はとくに繊細です。もう少し発言や行動に気を付けてほしいと切に願っています。

関連記事:義父の運転が危ない!でも、どんなに手を尽くしても止めることができなかった......

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

娘への酷い発言を諌めることも娘を守ることもせず「切に願っています」なんて無理でしょ。 もう行かなきゃいいのに。 自分が傷つけられることより祖父の機嫌取りを優先する母親なんて娘からしたら毒でしかないと思います。
投稿者さんの旦那さんは父親が娘に嫌な事言っても何も言わないの? 投稿者さんも旦那さんも「娘を傷付ける無神経な事しか言えないならもう帰省しない!」くらい言えないの? 傷付いた娘さん誰が守るの?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP