ああ、妄想が止まらない...50代、「母」ではない「ただの私」として過ごせる空間が欲しい/中道あん

20代で結婚して、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」。今回は体調を崩したことで気付いた、家の中でプライベートな空間を持つということ。

前回の記事:それは、自分を労わる時間。コロナの影響で生まれた「50代の私の新習慣」

pixta_27126599_S.jpg

先日、体調を崩して数日間寝込みました。

普段ならそんなことはないのですが、コロナ騒動もあって部屋に引きこもり。

これが実に快適すぎて、具合がよくなっても部屋にこもりっきりに。

しまいには娘から「いい加減に部屋からでておいで」と言われて普段の生活に戻りました。

わが家では寝るだけに使う2階の部屋がありますが、たいてい家族は1階のLDKで思うがまま過ごしています。

たまに会話がありますが、基本、自分の世界に入っています。

大人3人と犬との生活。

ソファには息子か娘のどちらかが犬と寝転がっています。

もう一人はカーペットの床に。

私は食卓テーブルの椅子に腰をおろして本を読んだりお茶を飲んだり。

仕事をするときは、リビングに背を向けキッチンカウンターの前に立って、PC作業をしています。

座って仕事をすると集中力が続かないし、アイデアも浮かばない。

かたい木の椅子に座りつづけていると腰が痛くなってくるのです。

それで立って作業をしてみたら意外によかったのです。

その上、家族が視界に入らないので、自分だけの空間のような感じがするのも気にいっています。

このひとりの空間というのは家族がいれば贅沢なこと。

それを今回の引きこもり生活で改めて感じたのです。

布団の上でごろごろするなんて、ちょっとした贅沢な時間です。

この部屋に一人用ソファがあればお茶も読書も楽しめる。

布団じゃなくてベッドならもっと快適なはず。

そうなればリフォームが必要。

片面の壁紙は淡いブルーにしよう。

そうだこの大きな婚礼ダンスはやはり手放すか?

それともクローゼットを潰して入れ込もうか?

などなど、普段考えもしなかったアイデアがどんどんとあふれ出て、妄想が止まりません。

家族から離れ、母ではない「ただの私」として過ごす時間。

隠れ家のような書斎が欲しい、と思いました。

妄想だけでこんなにも楽しいのなら実際に書斎があればどんな感じだろう。

自分の好みの部屋の書斎を持つ。

ひと昔前なら書斎といえば、男性が欲しがったものですよね。

日本は土地が狭いので子供部屋はあっても主の書斎まで作れるご家庭は少なかったはず。

しかし、主婦だって自分の部屋でひとり時間を楽しみたいもの。

ダイニングキッチンが女性の城と言われてきましたが、もうその時代ではなくなりました。

家族の共用スペースは家族のもの。

小さなスペースでいいので自分だけの空間を作っていこうと思います。

まずはあの大きな婚礼タンスをどうすべきか、いよいよ手放す時がきたのでしょうか。

アラフィフ、アラカンの皆さん、必読です! 中道あんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん

「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため正社員として働いていたが、2019年2月「好きなことを仕事に」とフリーランスに転身。えいっと行動力を発揮して夢を叶える女性をつくるEitonessを提唱、ブログ講座やコミュニティの運営を 行っている。現在、社会人の長男、長女と同居。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしている。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメント一覧

初めましてまおと申します。 自分も思い返してみれば、51歳の時、国家資格を取りこれから生きていく為の働きを考え、それから6年後に 夫と別居しました。 結婚が19歳でそれから32歳までの間に3人の子供を育て、傍らいくつかのパートをしながら家庭で姑、夫の兄弟の世話などもしながら夫の家族と暮らしてきました。 同居の事も有り、夫の親子とも様々な事が有り、自分の事とか自分の時間とかスペースすら有りませんでした。 1番下の子供が大学を卒業して仕事に就いた頃から、これからの夫婦2人の有り方なども夫に機会有れば提案したりして、夫との生活も模索しましたが 夫はなかなか真剣に話を聞いてくれず 夫婦間の考え方もだんだんずれが生じて、会話も無くなってきました。 自分の考え方がおかしいのか…など悩む様にもなりました。 夫の親が老人ホームに入り、夫の家族との関わりも無くなってきた頃 住み込みで仕事をする機会が有り それから5年を経て自力で自立をする計画を立てて 夫と別居する事を実行しました。 当初は大変な怒りの夫でしたが成人した子ども達が間に入り独立した生活を今はおくっています。
見ててすごくワクワクしました!お子様も大きいようですし、是非やってみて欲しいです! 一人の時間が持てると家族との時間もまた楽しく感じると思います!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP