息子の願書を勝手に出した...⁉ 孫をどうしても金融の世界に進ませたい「バブル全盛期の銀行マン」76歳父

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:2代目
性別:男
年齢:48
プロフィール:妻(48歳)と二人の子どもと暮らす48歳の小学校教員です。父(76歳)はバブル全盛期の銀行員でプライドの塊です。

48.jpg

「まいったよ、勝手に願書を出されるとは思わなかった」

「いやなら行かなきゃいい。おじいちゃんには俺から言ってやるよ」

「でもさあ、良かれと思ってやってくれてるんだよね。受けてみるぐらいは......」

「それこそ思うつぼだぞ」

令和元年の7月、息子(18歳)が複雑な表情で見せたのは推薦入試の受験票でした。

経済系の私立としては名の通った大学です。

私も妻(48歳)も何の相談も受けていませんが、願書を出したのは私の父、つまり息子の祖父です。

私も妻も公立小学校の教員で、長女(21歳)も教員志望で教育系大学の3年生、バリバリの教育一家を自認していますが、このことにいたく不満なのが父です。

父は元銀行員で、昭和から平成を勤め上げ、「銀行のステータス」の信奉者です。

息子である私が銀行員にならなかったことをいまだに根に持っています。

「どうだ、こんないい肉はなかなか食えんだろう?」

父が母(74歳)と暮らす実家はすぐ近くなので、週に1度は実家で食事をするのが決まりになっています。

そんなときはいつも豪勢な食事がふるまわれます。

「年金生活とは言え、公務員の薄給よりは余裕があるからな、ほら遠慮せんで食べなさい」

孫にも自慢たらたらです。
「ゆう子さん(妻の名前)にも申し訳ないな、共働きしないと子どもを大学に行かせるのもままならんという所か?」

アルコールが入るといよいよ嫌味全開です。

「いえ、私が働きたいとわがままを言ってるんですよ」

妻が応じると、ますます饒舌になります。

「そうだな、小学校の先生なんて女の方が向いてるってもんだ、なあ」

私が教育系大学に進むと決めた時も大騒動でした。

相談すれば反対されるのは目に見えていたので、父が勧めた大学の受験はすっぽかし、自分で申し込んだ教育大学だけを受験しました。

合格が決まってから母に話すと、母は喜んでくれたのですが、それを知った父は大激怒して記憶に残る一言を私にぶつけました。

「先生なんて、ヤクザな商売は認めんぞ!」

この名(迷)言にはさすがに母も驚き、珍しく父をたしなめてくれました。

結局、勘当同然の寮生活で大学時代を送ることになりました。

母がこっそり送ってくれた仕送りで何とか就職までこぎつけたものです。

そんな父が、なんとしても銀行員の後継者にしたいと、目を付けたのが息子です。

「ゆき子(長女の名前)はしょうがない。はるたか(息子)だけは譲れんぞ」

父はそんな勝手な理屈をぶつけてきます。

「男たるもの、もっと高みを目指さなければいかん」

息子も教員志望なので、そのことを本人からも伝えさせたのですが、一喝される始末です。

息子が高3になってからは、銀行員時代の人脈をフル活用して経済系の大学の推薦枠を探っていました。

今回は、息子の高校に成績証明書の交付を申請し、推薦入試に滑り込むのに成功してしまったようです。

「まあ、受かるとは限んないし、受ければおじいちゃんも納得するんじゃない?」

息子は飄々としたものですが不安です。

「推薦で受かってしまったらどうするんだ? 受かったのを蹴ったら余計面倒だぞ。教育大に行くんじゃないのか?」

「う~ん、まあ受かったらそん時はそん時で。何とかなるっしょ」

息子はおじいちゃん子なので、父の顔をつぶさないようにしてやりたいようです。

「はるたか! 男は何といっても銀行員だ! 日本の根っこを動かしてるのは金融だぞ!」

今日の夕食も父の独演会でした。

息子は軽く受け流していますが、私と妻は何とも苦々しい思いをかみつぶしています。

関連の体験記:「親に頼ることの何がいけないの?」小遣いを使い切ると親に泣きつく「41歳・末っ子」夫にため息...
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そんな簡単に出せるものでしたか…?しかも、推薦のとなると、教師の推薦状も必要だし、成績表の提出も必要なはずだし、祖父が勝手に出せるようなものではないと思うんですが…。 というか、この祖父を見てて、よくおじいちゃん子に育ちましたね。私なら大嫌いになってそうなんですが…。 素晴らしい息子さんですね。優しくておおらか。 でも、受験もお金がかかりますし、推薦を受けて、併願もとなると、試験日程がずれ込んだり、入試のレベルが前期より後期の方が難易度上がりますし、本命の大学が危うくなる可能性もありますよ。 将来はさておき、受験の成否の問題で、お辞めになった方が良いと思います。
色々な意味で凄いお父様ですね。 しかし推薦枠とは?通っている高校の推薦なら本人とも先生が話をしますよね?誰の何の推薦なのかわからないのに受けるのは怖いですね。 人脈を駆使して推薦枠、、、裏口でもないでしょうが、おちるなんてそうそうなさそう。息子さんがその大学に通うとなって金融以外の職を希望したら?銀行をうけて就職できなかったら?就職先までお父さんがみつけてきたら? 今更引っ込めることも難しそうですが自分なら勝手にだした願書では受験できないと断りたいですね。
なんでそんな実家へ頻繁に帰省するの?奥さんまで嫌み言われてるのにさ。もう頑固親父は治らないから、こっちから避ければいいのに、結局は言いなり?息子さん、そんなあなたを見てるから、金融に行くのも悪くないって思いはじめたのかもね。
奥様よく耐えていらっしゃいましたね。 本人が知らない受験票なんてあり得ますか?そんな受験票有効なのでしょうか。 高校の先生と早急に相談された方がよろしいのでは? 受かったらどうするんだ?なんて無責任だと思います。推薦なんて学校や後輩たちにも影響を与えることですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP