引っ越してきて「新参者」と散々苦労した父。でも30年たった今、孫にまで当時の恨み言を話さないで...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しとろん
性別:女
年齢:48
プロフィール:会社勤めをしています。両親と同居です。

10.jpg

同居している78歳の父の事です。

両親は私が小学生の頃、今住んでいる所に越してきて商売を始めました。

商店街の地区で、長く看板を上げている家が多くありました。

当時は小売店が活躍して連帯しており、商売が大きいと商店街の発言力も大きかったようです。

そんな場所に突然やってきて商売を始めたので、新参者である私たちへの風当たりが強かったことを覚えています。

うちの店に資材置場が必要になり、家のすぐ近くの土地を購入したときのことです。

役所に「普通に商売していてあの大きさの土地が買える訳がない」と苦情というか密告のような電話が入りました。

別の日には「家の境界線をごまかしている」と、お隣さんに言いがかりを付けられたこともあります。

子供だった私にも嫌な事はありました。

お小遣いが少なくて友達と同じようにお菓子を買えないと分かると、お店のおばちゃんに相手にされず声も掛けてもらえませんでした。

子供心にショックでしたが、親が頑張っているのにお金がないのなら仕方ないのだろうと思っていました。

でも...時間が経つにつれて、街の人にも徐々に受け入れてもらえるようになり、今では住み心地も良くなりました。

子どものころ、相手にされなかったお店のおばちゃんとも楽しく立ち話ができています。

皆さんご高齢になったし、私も昔の事は忘れました。

しかし、父はそうではなかったようで、今でも思い出したように恨みつらみを口にします。

嫌な事をされた人の話題や越してきた頃の話になると、ぶちぶちと始まるのです。

「あの野郎、バカにしやがって」

「あれが土地を買える訳がねえって電話したんだぞ」

「葬式の手伝いの時だって、何も教えようとしないで文句ばかり言いやがって」

「俺が車(高級外車)を買ったら税務署に言いつけたのはあいつだ」

などなど、父の思い込みも含めて、きりがありません。

「もう、いいじゃない。やめよう」

聞いていても憂鬱な気分になるので、何度かそう言ってみたのですが、一向に響かない様子でやめてくれません。

それだけでも頭が痛くなるのですが、この頃では私の子供たちにも、ご近所への恨み言を話すようになってしまいました。

子供たちはまだ話の内容や言われている人の事をよく分かっていませんが、おじいちゃんのことが好きなので、一生懸命に聞いています。

その姿を見ていると...今後を考えて心配になります。

子供たちには良い話だとは思えないからです。

父の性格からしても当時相当悔しい思いをしたのは想像に難くありません。

でも、これだけ年数も経ったのだし、今は仲良くやっているのだから、水に流して欲しいと思います。
どうしても無理なら仕方ありませんが、せめて子供の前では口に出さず、自分の中にしまっておいてもらえないものかと困っています。

関連の体験記:「これは私には合わない」信じられない!孫からのプレセントを突き返す義母
関連の体験記:そんな気ないぞ、俺は」母が亡くなり一人暮らしの89歳父。兄夫婦との同居を断る「意外な理由」は...
関連の体験記:月に最低20万円欲しい。50歳での就職はこんなに難しいものかと実感

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

よほど苦しい思いをしたのでしょうね。本人達に言えたら少しはスッキリするのかな…。でも孫に言うのは間違ってますね。人の心を傷つける言動は罪が深いですね。
子供だった主様にすら風当たりがきつかったのですから、世帯主・店主であるお父様に対する攻撃は壮絶なものであったとお察しします。犯罪者のような扱いも受けていたご様子。 私もそうなのですが。 人間、辛い思いをした事は簡単に忘れる事が出来ません。反撃出来ず相手からの謝罪もない場合はなおさら、何十年経っても辛い思い出が突然甦るのです。所謂PTSDのフラッシュバックですね。 過去は水に流して…と言っていいのは被害を受けた当事者だけ。他の人に言われると「お前に何がわかる!」と傷は深まります。今さら言っても仕方ないと言われても、言わずには心の安寧が保てないのです。 お子さんへの影響ですが。私は小中学生の頃、祖母に姑からの壮絶な嫁いびりの話を何度か聞きました。私個人は悪口を聞かされて嫌だとは思わず「おばあちゃん大変だったね。ひどい姑だね。」と返答していました。共感することで祖母は救われていたようです。お子さんがどう感じるかは性格や年齢によりますが、家族以外へ口外しないようにだけ注意で。 主さんは辛いでしょうが、壮絶な経験にも負けず、後に地域で信頼を得たお父様を労って差し上げて欲しいです。
孫にまで話すのは確かに余計だと思います。 ただ、全部水に流せなんて無理な話じゃないですかね。 謝罪を受けたわけでも無いんですよね? 恨み辛み、そりゃあるでしょう。 その辺りを理解した上で、孫に話すのはそれでもやめてくれ、そう伝えるのが良いと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP