「私の母だから!」50歳で再婚した母。反抗した私と「新しい父」が大切な家族になるまで

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:こまめ
性別:女
年齢:47
プロフィール:現在75歳の母は50歳のときに再婚しました。同じような年齢になってみて、理解出来ることが増えた気がします。

pixta_56858133_S.jpg

うちの両親は再婚同士です。

母は私が12歳、姉が19歳のときに実父と離婚、実父はそれから5年後に病死しました。

母の離婚後、姉は親元を離れて東京に就職。母は50歳で再婚するまで、働きながらひとりで私を育ててくれました。

その50歳の母の再婚相手となった父は当時45歳。離婚後息子3人を育てて、ひとり暮らしをしていました。

結婚を前提としたおつき合いをしていることも知らされず、いきなりの「お嫁にいくわ!」宣言。そして「会ってほしい人がいる」という母。

姉も含めて3人で待ち合わせの場所に行き、はじめて会ったその人は、口ベタで無口。「はじめまして」と挨拶する私に、「まあまあ、挨拶はあとで。先に食事に行こう」と言いました。今思えば、お互い緊張していたんだと思います(笑)。

しかし、こちらの第一印象は...はっきり言って最悪でした。

聞けば3人息子がいて、それぞれ独立しているから心配はいらない、母には仕事を辞めて家庭に入ってほしいと思っているなど、なんだか私たちはいろいろ蚊帳の外で、母にはもちろん幸せになってほしいけれど、おいてきぼりにされた気分。

「おめでとう! お母さんよかったね!」と言ったのは姉でした。

いよいよ再婚し、母と暮らした部屋からそれぞれ別々の場所へ。私はこれを機に、初めてのひとり暮らしです。

ですが、再婚し3カ月経った頃、独立していたはずの新しい父の息子たち3人が、両親の住むマンションで同居することになりました。

弟3人は、私の3つ下と5つ下。それぞれ事情があり親元に戻ったわけですが、大変なのは母です。いきなり男4人分の料理や洗濯をすることになったのです。でも、私はそのことを聞いても、へそを曲げていたので一切手伝いませんでした。

でも、そんな状態を一変させたのが、姉でした。その年の年末に帰省した姉は、私と義弟たち、それぞれにカミナリが落としたのです。

まず私には親に対する態度がなっていないこと、父の話に聞く耳をもっていないことなどビシっと指摘。

「いつまでも意地はってるのはらしくないよ、お母さんだって寂しいんだよ」と。義弟達には「おばさんって呼ぶなら、うちのお母さんに料理や洗濯させないで! うちのお母さん、あんた達の家政婦じゃないんだから!」と一喝。姉は大人で、私はまだまだ拗ねた子どものままなのだと、そのとき実感しました。

その後、義弟はそれぞれ結婚し、今ではしっかり「お父さん」しています。

自分が「子の親」になってますます意識が変わっていったようで、母と同居したこと、身の回りの世話をしてくれたことへの感謝を今でも私に言ってきます。

私はと言えば、28歳のときに自転車に乗っていて事故に遭い、身体が回復するまでペットとともに実家にお世話になりました。そんなときも、父は嫌な顔ひとつせず、受け入れてくれて......。

その後、30歳で家を出て40歳で結婚。その結婚式では父が号泣してくれました。口ベタで不器用な父。でも、母が選んだその人はとても優しい人でした。

9.jpg

母が再婚した50歳という年齢に私も近づき、心細さや不安を感じていただろうことも理解できる気がします。父と出会えて、一緒に人生を歩めるパートナーが出来て、安心しただろうことも。

「母さん」と呼ぶ父に、「私の母さんだから! おじさんにとっては奥さんでしょ!」、「いや、おれの母さんだ!」なんて言いあったのも、今ではいい思い出。本当に打ち解けるまで長かったけれど、大切な家族になりました。

関連記事:子連れで再婚。ステップファミリーが絆を深める過程に早道はない/キッチン夫婦(夫)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP